スポンサーリンク

ab

2019年8月16日

北九州記念 2019 追い切り評価最終版

本記事は、2019年08月18日に小倉競馬場芝1200mで開催される「テレビ西日本賞北九州記念」(G3)の追い切り評価最終版です。出走馬は18頭。以降の更新はありません。レースは3歳上ハンデ戦です。

1枠1番 ラインスピリット 牡8 56.0 森 一馬【-】

映像なし

1枠2番 クインズサリナ 牝5 51.0 西村 淳也【B-】

栗東坂路併せ。活気はあるのだが前脚はペタペタと着地するような印象で、後脚も非力。

2枠3番 アレスバローズ 牡7 57.5 菱田 裕二【B】

栗東坂路単走。内容は軽く、手先だけで走っているような印象だが、素軽さはあり楽に動けてはいる。前半後脚が外を回っていたが、中盤から改善した。

2枠4番 イエローマリンバ 牝4 53.0 高倉 稜【-】

映像なし


スポンサーリンク

3枠5番 ディアンドル 牝3 52.0 北村 友一【B-】

栗東坂路単走。頭は高めで完全にまっすぐに走れていない。前脚の着地も軽く、後脚も若干外を回す。人気は予想されるが、いまいち良く見えない。なお、この馬は葵SでもC評価だった。今回も評価はマイナスとするが、前走時より動きは良い。

3枠6番 ラブカンプー 牝4 53.0 川須 栄彦【A】

栗東坂路併せ。調教駆けせず、いつもダイメイプリンセスに遅れる馬だが、今回の相手は芦毛。最終的に1馬身遅れたとはいえ、道中体の向きは進行方向をまっすぐ向き、集中してキビキビと駆けられていた。これがレースにつながるのかどうかはわからないが、過去の調教の中では最も良い動き。

4枠7番 ラインシュナイダー 牡7 55.0 藤井 勘一郎【B-】

栗東坂路単走。やわらかさはあるのだが、前後のバランスがいまいちで、前脚後脚どちらも左右の着地ポイントが近い。終い明らかに疲れた。

4枠8番 ファンタジスト 牡3 54.0 武 豊【B】

栗東坂路単走。ラチ側をまっすぐに登坂。集中力は豊富でじっと前を向いて首でリズムを刻めている。脚元は少し非力だが、前後のバランスは良い。


スポンサーリンク

5枠9番 キングハート 牡6 56.0 小崎 綾也【-】

映像なし

5枠10番 エントリーチケット 牝5 54.0 国分 優作【B】

栗東坂路併せ。相手の真後ろにつけて坂へ入り、すっと右側へ。リズム良く駆けて抜け出すと1馬身先着した。

6枠11番 アンヴァル 牝4 54.0 藤岡 康太【B】

栗東坂路単走。前半は活気のない動きだったが、後半はしっかり。終いにかけて力強さが増し、体をまっすぐに向けてきれいな後傾ラップを刻めた。

6枠12番 ディープダイバー 牡3 53.0 和田 竜二【B+】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントは近いが非力さはなく、リズムも安定。後脚の力強さも十分で、背中の安定感もある。


スポンサーリンク

7枠13番 モズスーパーフレア 牝4 55.0 松若 風馬【B】

栗東坂路単走。前脚の伸びやかさが不足し、飛節も硬めだが、全体を見るとキビキビといい動き。頭を低く保ちながら首も使えている。

7枠14番 ナインテイルズ 牡8 55.0 松山 弘平【-】

映像なし

7枠15番 シャドウノエル 牝4 52.0 内田 博幸【B】

栗東CW単走。カーブから活気ある内容でラチ側を深く入って直線へ。四肢の可動域はまずまずある。ただ、終い少し疲れた。軽ハンデを生かしてどこまでやれるか。

8枠16番 ダイメイプリンセス 牝6 55.0 秋山 真一郎【B】

栗東坂路併せ。左前肢を着地後外に蹴るのはいつもどおりのため問題ない。脚元は力強く、頭も低い。終い手前を替えてもう一伸びし、2馬身先着した。


スポンサーリンク

8枠17番 カラクレナイ 牝5 55.0 大野 拓弥【B】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。脚元は力強く、回転力も豊富。気になるのはゴール前。鞍上が促した際に2完歩ほどは頭を下げたものの、すぐに頭を上げてまじめに走らなかった。

8枠18番 ミラアイトーン 牡5 56.5 浜中 俊【B】

栗東CW単走。馬場の外側を深く入って直線へ。4F追いで軽い内容。直線を向いてもしばらく右手前のままで、ゴール前に左手前に替えてさらりと流してフィニッシュ。内容はかなり軽いが動きはやわらかで悪くない。

参考ステップレースの結果