スポンサーリンク

ab

2018年8月10日

【枠順確定】エルムステークス(GIII)追い切り評価最終版-2018年8月12日札幌ダ1700別定

1枠1番 リッカルド セ7 56.0 C.ルメール【-】

映像なし

2枠2番 ドリームキラリ 牡6 56.0 藤岡 佑介【A】

札幌ダート3頭併せの中。外はすぐ沈んだため実質併せ馬。直線内に半馬身先行し、馬体を合わせてきた内の隣でじっと折り合い、併入した。馬体に幅が出て見栄えする。動きもパワフル。

3枠3番 ミツバ 牡6 57.0 松山 弘平【B+】

札幌ダート併せ。馬体を離していたため実質単走で、直線1馬身差先行するとそのまま差を広げ3馬身以上先着した。首をきれいに上下動させ、四肢の可動域もまずまず。

3枠4番 アンジュデジール 牝4 55.0 横山 典弘【C】

函館W併せの外。カーブからまくって直線半馬身差追走し、強めの尻ステッキを入れても加速せず1馬身遅れた。舌を出していることも割引。

スポンサーリンク

4枠5番 ノーブルサターン 牡4 56.0 池添 謙一【B】

札幌ダート併せの外。直線半馬身先行し、そのまま楽に流して1馬身先着した。四肢の可動域は及第点レベルで、かちっと動けている。

4枠6番 リーゼントロック 牡7 56.0 松岡 正海【B+】

札幌ダート併せの内。カーブでまくられかけたが並走して直線に向くと、相手を気にすることなく安定感のある動きで2馬身先着した。体は引き締まり、状態は良さそう。集中力も高い。

5枠7番 アルタイル 牡6 56.0 小崎 綾也【C-】

函館W併せの外。向こう正面から先行し、直線外に出したが内から軽々と交わされ、押しても食い下がれず1馬身半遅れた。ゴール後も引き離された。

5枠8番 ハイランドピーク 牡4 56.0 横山 和生【A】

函館W単走。カーブからリズム良く駆けられており、終始安定したペースで集中して駆けられた。首をあまり使わないため迫力には乏しいが、そのぶん頭の位置は安定。四肢の可動域は十分で、背中の安定性も高い。

6枠9番 ロンドンタウン 牡5 57.0 蛯名 正義【B】

函館W単走。頭は高め。すっと伸びる完歩とブレーキがかかるような完歩が交互に来る印象で、不思議な動き。脚元のやわらかさはあるのだが、評価は据え置きたい。

6枠10番 メイショウスミトモ 牡7 58.0 古川 吉洋【B】

函館W単走。四肢の可動域は及第点レベルで首の使い方もまずまず。B評価のど真ん中という動き。体はすかっと見せている。

スポンサーリンク

7枠11番 ディアデルレイ 牡7 56.0 勝浦 正樹【B+】

札幌ダート単走。脚元の回転力は高く、じっと前を向いて集中して駆けられている。体幹もしっかり。

7枠12番 ブラゾンドゥリス 牡6 56.0 丹内 祐次【-】

函館W併せの内。カーブでは追走に苦労するシーンも見られたが、尻ステッキを入れるとスイッチが入り、パワフルに伸びて1馬身先着した。ただ、体は太めで動きもそのぶん重い。当日の馬体重には注意したい。

8枠13番 モルトベーネ 牡6 56.0 秋山 真一郎【B】

札幌ダート単走。動きは好調時よりスローで前脚の可動域がいまいちだが、軽い内容ながら着地はやわらかではある。直線なかなか手前を替えなかった。動きは替えた後の左手前の方がスムース。体はゆるめ。

8枠14番 モンドクラッセ 牡7 56.0 柴山 雄一【-】

映像なし

参考ステップレースの結果