スポンサーリンク

ab

2018年6月26日

【追い切り短評】帝王賞(JpnI)―2018年6月27日大井ダ2000外

1枠1番 グランユニヴェール 高松亮(水沢)


【映像なし】

2枠2番 ケイティブレイブ 福永祐(JRA)


【B】栗東坂路単走。軽い内容で、尾はきれいに流れていない。ただ、脚元はキビキビと動けており、体はまっすぐ前を向いている。

2枠3番 トーセンスパンキー 遠藤健(大井)


【映像なし】

スポンサーリンク

3枠4番 ゴールドドリーム ルメール(JRA)


【B】栗東CW単走。馬なりの軽い内容。頭は低く保てている。四肢の可動域は狭めだがこの内容では仕方ない。むしろ内容が軽い割には気合い乗りが良く集中して駆けられていると見ることもできる。評価は据え置くが状態は良さそう。

3枠5番 テイエムジンソク 古川吉(JRA)


【A】栗東CW単走。追ってゴール後もグイグイ伸びた。四肢の可動域は十分にあり、頭の位置も安定。首の上下動幅も変わらない。好仕上がり。

4枠6番 リッカルド 矢野貴(大井)


【B】船橋単走。左前繋が少しやわらかすぎるが、キビキビと動けている。後脚もパワフル。ただ、以前と比較するとすべての面で一段落ちる印象はある。映像は直線のみだが、船橋コースの左回り追いで直線ずっと左手前。手前を替えなかった可能性が高いのも割引。

4枠7番 アウォーディー 武 豊(JRA)


【C】栗東CW単走。鞍上は手を動かして追ったが反応がいまいち。頭は高く四肢の可動域も狭い。

スポンサーリンク

5枠8番 ヒガシウィルウィン 森泰斗(船橋)


【B】船橋併せの外。発汗は目立ち手前を替えるタイミングは遅れたが、脚元の回転力は豊富。体もふっくら見せている。

5枠9番 アポロケンタッキー 内田博(JRA)


【B】栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し右。楽な内容だが集中して駆けられている。リズムも安定している。

6枠10番 サウンドトゥルー 大野拓(JRA)


【B+】美浦坂路単走。坂の入り口で外を回し、外ラチにぶつかりそうになってから立て直した。尻ステッキにこたえてぐっと気合いを乗せると体を進行方向にまっすぐに向け、鋭く伸びた。坂の入り口の動きをアクシデントと見れば気になってしまうが、立て直した後を評価したい。

6枠11番 ネオヴェルモット 千田洋(大井)


【B-】大井単走。良く言えば、「前膝を高く上げてしっかり地面をつかみ、後脚の回転へとつなげている」のだが、すべての動きがスロー。着地ポイントがぶれないことは評価できるが、体も薄く非力さを感じる。

スポンサーリンク

7枠12番 オールブラッシュ 田邊裕(JRA)


【映像なし】

7枠13番 サブノクロヒョウ 笹川翼(大井)


【B-】大井3頭併せの外。追って中内を置き去りにした。ただ、顔は右を向いたり左を向いたり。手前もコロコロ替える。ゼッケン下に発汗も見られる。

8枠14番 カツゲキキトキト 大畑雅(名古屋)


【映像なし】

8枠15番 アサクサポイント 加藤聡(名古屋)


【映像なし】


参考ステップレースの結果

チャンピオンズC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/ChampionsCupR.html

フェブラリーS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/02/FebruaryStakesR.html

平安S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/05/HeianStakesR.html

東京大賞典(追い切り短評)
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/gi201712292000.html

大井記念(追い切り短評)
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/05/si20185232000.html