スポンサーリンク

ab

2018年7月6日

【枠順確定】七夕賞(GIII)追い切り評価最終版-2018年7月8日福島芝2000ハンデ

1枠1番 プラチナムバレット 牡4 57.0 岩崎 翼【A】

栗東CW併せの外。内ラチ側を通り、直線は3馬身差追走。ほぼ馬なりに並びかけるとそこから追い出し。ステッキを使わず2馬身先着し、ゴール後も差を広げた。体も丸みを帯びている。

2枠2番 キンショーユキヒメ 牝5 54.0 北村 宏司【B】

栗東CW単走。馬場の外側を深く入って直線へ。最後までしっかり脚を伸ばせた。頭は高めで四肢の可動域はいまいちだが、全体のバランスは悪くない。タイムも良い。

3枠3番 マイネルフロスト 牡7 57.0 柴田 大知【B】

美浦W単走。馬場の外側を通って直線へ。鞍上は長手綱でほぼ馬なり、ゴール後少し促すシーンはあり、負荷はある程度かけた。四肢は伸びやかでリラックスしたやわらかな動き。ただ、良いころに比べると頭が高く、首を下から上に上げてリズムを取る完歩も見られた。

スポンサーリンク

4枠4番 メドウラーク 牡7 54.0 丸田 恭介【-】

映像なし

5枠5番 マイネルサージュ 牡6 55.0 津村 明秀【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線は半馬身差追走。じっと折り合い併入し、そのまま並んで長く駆けた。折り合い重視の内容で派手さはなくタイムもいまいちだが、集中して駆けられており気配は悪くない。

5枠6番 サーブルオール 牡5 55.0 戸崎 圭太【B-】

美浦W単走。馬場の外側を深く入って直線へ。脚の長い馬で動きは少し窮屈。発汗も目立つ。

6枠7番 ワンブレスアウェイ 牝5 53.0 石橋 脩【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。ずっと舌を出しており、着地のリズムにぶれも大きいなど、マイナスポイントも多い。ただ、荒々しく目立つ馬ではある。評価は据え置きたい。

6枠8番 パワーポケット 牡6 50.0 江田 照男【C】

美浦坂路単走。内ラチ側でカーブし、馬場の真ん中あたりに持ち出して楽に駆けさせる内容。馬なり調整なのでタイムは悲惨だが度外視できるのだが、終始舌を出していて脚元もふらついている。

スポンサーリンク

7枠9番 バーディーイーグル 牡8 53.0 柴田 善臣【B】

美浦坂路併せ。活気のある内容で併入。前膝のやわらかさはもの足りないものの、着地はしっかり。前脚と後脚が同一ライン上。相手に食らいついていく勝負根性も見られた。

7枠10番 レイホーロマンス 牝5 51.0 内田 博幸【B】

栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し右だが、フォームの安定性は高く動きにぶれは少ない。右後肢を蹴り出すときに少しふらつく完歩はあったが、後半はしっかり。推進力も前を向いている。このハンデなら一発あっても。

8枠11番 マイネルミラノ 牡8 57.0 田辺 裕信【B+】

美浦W単走。馬場の外側を深く入って直線へ。四肢の可動域は広く回転力も高い。頭も低く保てている。いつも追い切り良く見せる馬であることは確かなのだが、マイナスポイントはない。プラス評価したい。

8枠12番 シルクドリーマー 牡9 53.0 石川 裕紀人【B】

美浦W単走。馬場の外目を通って直線へ。手前を替えようとして替えられずゴール前の1完歩でようやく替えた。カーブから軽く促し直線では強めに追われ負荷は十分にかかっている。

参考ステップレースの結果

エプソムC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/06/EpsomCupR.html

マーメイドS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/06/MermaidStakesR.html

ステイヤーズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/StayersStakesR.html

中山記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/02/NakayamaKinenR.html

AJCC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/01/AJCCR.html

福島牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/04/FukushimaHimbaStakesR.html