スポンサーリンク

ab

2018年2月28日

中山記念の反省と全着順-2018年2月25日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
15ウインブライト牡4561:47.6B+2
210アエロリット牝4551:47.6B5
38マルターズアポジー牡6561:47.6B-6
42サクラアンプルール牡7571:47.8B+4
54ペルシアンナイト牡4571:47.9B1
67ディサイファ牡9561:47.9B-8
79ショウナンバッハ牡7561:48.0B9
83ヴィブロス牝5561:48.1B3
91マイネルサージュ牡6561:48.1B10
106マイネルハニー牡5561:48.6B7


総評
A評価なし、B+評価2頭。追い切りで抜けた馬はおらず、競馬コンシェルジュの辻三蔵氏は全頭B評価をつけていた。プロが見てもそうなのだから、大きく外してはいないのかもしれない。
スポンサーリンク

パドック
アエロリットとウインブライトが良く見えて1,2着。パドックは正解だった。気になったのはペルシアンナイトで、返し馬を終えた待機所の映像では舌を出していた。ハミが合っていないのかもしれない。能力はこのメンバーで上位のはずで、次走口元に注目したい。3着マルターズアポジーは確かに落ち着いていたのだが、それほど良くは見ていなかった。心理的な作用もあったのかもしれない。武士沢騎手が乗らなければロマンがないではないか。柴田善臣騎手は信頼できる騎手だと考えているけれど、マルターズアポジーには武士沢騎手がやっぱり似合う。
ポイント
マイネルハニーが出遅れ。ペルシアンナイトも遅れた。隊列はすぐに決まった。マルターズアポジーが逃げ、アエロリットが2番手。1~2コーナーで差は開き、向こう正面では前2頭の差は2~3馬身、そこから3番手ディサイファまで6馬身ほど。3~4コーナーで多少は差が詰まり、前の2頭は4コーナーでペースをゆるめて息を入れた。それでも直線を向いたときにマルターズアポジーは2馬身のリード。アエロリットはウインブライトが並んでから追い出し。ペルシアンナイトは大外へ。内の攻防。残り200メートルでウインブライトがマルターズアポジーをとらえる。さらに脚をなくしたかに見えたアエロリットがゴール寸前で2着に浮上した。


スポンサーリンク

分析
勝ち時計の1:47.6は、まずまず。前年のネオリアリズムと同タイムだ。2016年ドゥラメンテが1:45.9、2011年ヴィクトワールピサが1:46.0を同じく良馬場で記録しているが、これら2頭と比べるのはさすがに酷だろう。前半59.2は、ハイペースではあるのだがマルターズアポジーのいつものペース。今回は11秒台中盤のラップを刻み、7F目に12.2と一旦ペースダウンさせている。このおかげで脚が残ったのか、それともこのタイミングで差を広げられず、逃げ切るチャンスを失ったのか、評価は分かれるだろう。アエロリットは+18キロ。追い切りを見たときに多少のプラス体重は成長分と見たいと感じたのだが、多少ではないプラス体重。500キロを超えて出てきた。ただパドックでは良く見せ、パワーアップした印象。左回りでは連を外しておらず、牝馬の斤量55キロは実質的にウインブライトより1キロ重い。次走も期待できそうだ。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2018/02/NakayamaKinen.html