スポンサーリンク

ab

2018年6月8日

【枠順確定】マーメイドステークス(GIII)追い切り評価最終版-2018年6月10日阪神芝2000ハンデ

1枠1番 ワンブレスアウェイ 牝5 53.0 津村【B+】

美浦W単走なのか併せなのか。カーブから活気十分な動きで、長い舌をブンブン振り回しながら直線では3馬身ほど前を行く馬を追いかけ、ゴール後交わしてしまった。四肢の可動域は十分にあり、大きなストライドで伸びられている。舌はさすがに割引だが、活気は群を抜いている。高評価したい。

2枠2番 ルネイション 牝5 50.0 荻野極【B】

美浦坂路単走。前を行く関係ない馬を目標に折り合い重視のセーブした内容。飛んでくるチップを怖がらず、自分のペースで駆けられた。前脚をペタペタと着地させる印象はあるが、四肢の可動域が内側に広いピッチ走法で、まずまずの内容。ハンデも魅力。

2枠3番 アンドリエッテ 牝6 51.0 国分恭【B】

栗東坂路単走。終始舌を出しているのは割引で、首を右に出すシーンも見られた。しかし脚元はかちっと地面を蹴れており、キビキビとした動き。活気も十分。軽ハンデを生かせれば。

スポンサーリンク

3枠4番 ミリッサ 牝4 53.0 岩田【A】

栗東坂路併せ。ラチ側をまっすぐに伸び、2馬身先着した。行きたがったが折り合いはつき、軽い合図で悠々と抜け出した好内容。脚元は力強く、体も立派に見せている。毛ヅヤも良い。

3枠5番 レイホーロマンス 牝5 52.0 岩崎【B】

栗東坂路単走。ラチ側をまっすぐに。頭を低く保てており、まずまず集中して駆けられている。目立つ内容ではないが、状態は悪くなさそう。

4枠6番 キンショーユキヒメ 牝5 55.0 秋山【B+】

栗東CW単走。馬場の外側を通って直線へ。直線を向いたときに少し口向きの悪さを見せたがすぐに修正。安定したフォームでリズム良く最後まで脚を伸ばせた。内容にしてはタイムは良い。体も引き締まっている。

4枠7番 エテルナミノル 牝5 55.0 和田【B+】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。セーブした内容だが馬は行く気十分。体はふっくら見せており、前脚の着地が軽すぎるが脚元の弾力性もある。首の角度も良い。

スポンサーリンク

5枠8番 スティルウォーター 牝5 48.0 川又【-】

映像なし

5枠9番 ティーエスクライ 牝6 48.0 竹之下【C】

栗東坂路単走。首が少し左に出て、徐々に右に流れてくる内容。前膝が上がらず脚元はバタバタとした印象を受ける。ハンデは軽いが。

6枠10番 ヴァフラーム 牝6 50.0 富田【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、並走して直線へ。追って若干遅れたものの併入した。タイムは良いが、線が細く管も細いため非力な印象を受ける。

6枠11番 アルジャンテ 牝5 52.0 酒井【B】

美浦W単走。馬場の外目を通って直線へ。馬なりに楽な手ごたえで駆けてきた。四肢の可動域は及第点レベルで気配はまずまず。体もふっくら見せている。

スポンサーリンク

7枠12番 ミエノサクシード 牝5 54.0 川島【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。頭を低く保って自分のリズムで馬なりに駆けてきた。体は少しゆるいが集中力は高く、気配は良好。脚元のやわらかさもまずまず。

7枠13番 エマノン 牝5 50.0 松若【B-】

栗東坂路単走。頭は高く完全にまっすぐに走れたわけではない。非力な印象でトモも薄いが前脚と後脚は同一ライン上にある。軽ハンデを生かしてどこまでやれるか。

8枠14番 トーセンビクトリー 牝6 56.0 浜中【B】

栗東CW単走。映像は直線だけで、真ん中外目を通って馬なりに駆けていた。前脚の動きはまずまず。後脚は好調時に比べると力強さに欠ける印象ではあるが内容が軽いためこの程度で十分か。タイムはまずまず出ている。

8枠15番 フェイズベロシティ 牝5 51.0 北村友【B+】

美浦W併せの外。ラチ一杯を深く入り、直線はクビ差先行。楽に動かして併入し、ゴール後軽く仕掛け、抜かせなかった。集中して駆けられおり、筋肉が目立つ体ではないものの、このハンデなら一発あってもおかしくない。

参考ステップレースの結果


福島牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/04/FukushimaHimbaStakesR.html

阪神牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/04/HanshinHimbaStakesR.html

ヴィクトリアマイル
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/05/VictoriaMileR.html

中山牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/NakayamaHimbaStakesR.html

愛知杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/01/AichiHaiR.html