スポンサーリンク

ab

2018年5月25日

【枠順確定】葵ステークス(新設重賞)追い切り評価最終版-2018年5月26日京都芝1200別定

1枠1番 ラブカンプー 牝3 54.0 和田【C】

栗東坂路単走。左前肢を左前に投げ出すようなフォームで、後脚の蹴り出す方向もぶれる。そのため脚元はバタバタした印象。これでは厳しそう。

1枠2番 アサクサゲンキ 牡3 57.0 武豊【B】

栗東坂路併せ。追ってからいまいちで、若干脚色は衰え、併入した。ただ、首の使い方は上手で、脚元も弾力性が高くリズム良く駆けられている。

2枠3番 ゴールドクイーン 牝3 54.0 古川【-】

映像なし

2枠4番 ペイシャルアス 牝3 54.0 国分恭【B-】

栗東坂路単走。まだ体幹がしっかりしていないのか、着地ポイントが左右にぶれる。途中で手前を替えたが左手前の方が動きのバランスは良い。

スポンサーリンク

3枠5番 ウインジェルベーラ 牝3 54.0 松岡【-】

映像なし

3枠6番 レグルドール 牝3 54.0 高倉【-】

映像なし

4枠7番 セイウンクールガイ 牡3 56.0 国分優【B】

美浦坂路単走。タイムは最悪の部類だが、極めて軽い内容なので気にしなくてよさそう。 体幹の安定性は十分で、まっすぐ前を向いて駆けられている。前後のバランスも良い。頭は高いがこの内容では仕方ないだろう。評価はDでもいいのかもしれないがBをつけておきたい。

4枠8番 オジョーノキセキ 牝3 54.0 松山【B-】

美浦坂路単走。タイムは平凡だが外ラチ一杯を回ってきているので問題ない。動きそのものは悪くない。ただ、坂の前のカーブを逆手前で走り、そのまま右手前で最後まで駆けてきたのは大きな割引材料。

スポンサーリンク

5枠9番 マドモアゼル 牝3 55.0 酒井【B-】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は外から1馬身半差ずつ追走。行かせすぎないように脚を伸ばしてゴール地点では2頭に半馬身遅れもその後並ぶところまでやった。ゆったりとパワフルに動けている一方、動きは少し重く、フォームの安定性もいまいち。

5枠10番 アンヴァル 牝3 54.0 藤岡康【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は2馬身差追走。首はあまり使えておらず四肢の可動域も狭いが脚元は素軽く、折り合いもついて楽に駆けられている。軽く追ってアタマ差先着した。

6枠11番 ビリーバー 牝3 54.0 杉原【A】

美浦W併せの外。馬場の真ん中外目を通り、直線は目の前を行かせた相手を1馬身差追走。エンジンがかかってからの伸びはすばらしく、一完歩ごとに大きく差を詰めてゴール地点では少し遅れたがすぐに抜き去った。直線を向いたときに少し気の悪さを出したがすぐに修正。鞍上は持ったまま。自身の闘争心で相手を抜いた動きを高評価したい。

6枠12番 ウィズ 牡3 56.0 浜中【-】

映像なし

スポンサーリンク

7枠13番 タイセイプライド 牡3 57.0 岩田【B+】

栗東坂路単走。体の向きは進行方向より若干右だが、頭を低く保ってリズム良く駆けられている。前膝のやわらかさも十分で、推進力は上に逃げない。

7枠14番 トゥラヴェスーラ 牡3 56.0 福永【B】

栗東坂路単走。前半はのんびり。中盤に軽い合図を送り、終いだけしっかり駆けさせた。左前肢の前膝から下の動きが少しぎこちなく見えるが、回転の軌道はまずまず。反応は良く、首の使い方は上手だ。

8枠15番 ミッキーワイルド 牡3 56.0 北村友【B】

栗東坂路併せ。2馬身ほど後ろから相手を追う内容で4分の3馬身遅れた。分厚く力強さを感じる馬体でフットワークもパワフル。気になるのは一旦並びかけながら遅れたことで、終いまでこの馬は脚を使えているのだが勝負根性面がまだ成長していないのかもしれない。

8枠16番 アイアンクロー 牡3 56.0 池添【-】

映像なし

参考ステップレースの結果

ファルコンS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/FalconStakesR.html

フィリーズレビュー
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/FilliesRevueR.html

桜花賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/04/OkaShoR.html

NZT
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/04/NZTR.html

アーリントンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/04/ArlingtonCupR.html