スポンサーリンク

ab

2018年3月21日

中日スポーツ賞ファルコンステークスの反省と全着順-2018年3月17日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
110ミスターメロディ牡3561:22.1B+3
27アサクサゲンキ牡3571:22.3A7
38フロンティア牡3571:22.3B-5
411アンブロジオ牡3561:22.3B-4
52モズスーパーフレア牝3541:22.4B+9
615タイセイプライド牡3571:22.4A6
79ダノンスマッシュ牡3561:22.6B+1
84テンクウ牡3561:22.6B2
96ドラグーンシチー牡3561:22.7B12
1013タイセイアベニール牡3561:22.8B+13
115カイザーメランジェ牡3561:23.1B10
1212ヒシコスマー牡3561:23.2-11
1314ダークリパルサー牡3561:23.2B14
143アシャカデッシュ牡3561:23.2B16
151ムスコローソ牡3561:23.8-8
1616エールショー牡3561:23.8-15


総評
A評価2頭、B+評価4頭。3番人気のB+→7番人気のAで決まったまでは良かったのだが、3着には川田騎手騎乗のB-評価フロンティア。参考になったのかどうかよくわからない結果になった。
スポンサーリンク

パドック
アサクサゲンキが最後尾をスムースな周回。フロンティアは若干太めに見えるものの分厚いトモが繋の返りがきれい。良く見えたのはこれら2頭で、勝ったミスターメロディは口をモゴモゴさせていてそれほど目立たなかった。ダノンスマッシュが外目を通って気合い乗りまずまず。その他注目していたタイセイプライドは発汗目立ち-10キロどおり、細く見えた。

ポイント
モズスーパーフレアが抜群のスタートダッシュを決め、楽な手ごたえで先手を奪う。3コーナーで後続との差は3馬身。4コーナーから直線を向いても差は変わらず。しかし、後続勢から伸びてきたミスターメロディが、残り200メートルで先頭に立つ。そのまま抜け出すと、終い脚を伸ばしたアサクサゲンキに1馬身差をつけて完勝した。


スポンサーリンク

分析
勝ち時計の1:22.1は、それほど強調できない。モズスーパーフレアの作りだした前半3F34.9という流れはそれほど速いわけでもなく、後半3Fは35.5とこちらも平凡。前残りの展開で、上位6頭までを道中中団より前に居た馬が占め、後ろから行った1番人気ダノンスマッシュ、2番人気テンクウは7、8着に終わった。このレースは参考外。次走の注目馬はテンクウだ。パドックでは頭が高くそれほど見栄えしなかったのだが、最後の直線は不利の連続。最後方から追い出すも前が大きな壁になっており、そこから外に持ち出す。しかしそれでも前が壁で、さらに外へ。ようやく追い出すと、カイザーメランジェとヒシコスマーに左右から寄られた。それでも動ぜずしっかり伸びた。ロスの多い内容ながら上がりは最速。スムースなら33秒台は確実に出ていた。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2018/03/FalconStakes.html