スポンサーリンク

ab

2018年4月20日

【枠順確定】福島牝馬ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2018年4月21日福島芝1800別定

1枠1番 サルサディオーネ 牝4 54.0 丸山【B】

栗東ポリトラック単走。直線で手前を替えなかったのは割引。ただ、体は丸みがあり四肢の回転力はまずまず。芝を走れるかどうかわからないが、評価は据え置きたい。

2枠2番 ベアインマインド 牝5 54.0 菱田【B+】

美浦W併せの外。馬場の外目を通り、直線はクビ差先行。持ったまま折り合わせ、アタマ差先着。ゴール後1馬身以上前に出た。首の確度は良く、四肢の可動域も抑えた割には広い。馬に走る気がありそうなこともプラス評価したい。

3枠3番 レイホーロマンス 牝5 54.0 岩崎【B】

栗東坂路単走。首を使ってリズム良く、まっすぐに坂を駆け上がってきた。派手さはないが、前脚の制動力と推進力のバランスが良く、動きに安定感がある。

スポンサーリンク

4枠4番 カワキタエンカ 牝4 54.0 池添【B-】

栗東坂路単走。前半は大暴れ。頭を大きく左右に振って右へ左へ暴走。後半はしっかり前を向いて走れたが、前脚を体の外側で着地させるためフォームの見栄えはいまいち。

5枠5番 トーセンビクトリー 牝6 54.0 田辺【C】

栗東坂路併せ。促したが離され2馬身遅れた。四肢の可動域は狭くちょこまかと動く印象。人気が予想されるが追い切りからは強調できない。

5枠6番 ゲッカコウ 牝5 54.0 丹内【A】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。前半は鞍上が手綱を引っ張り気味だったため、窮屈な動きだったが、ゴール前にステッキを抜き手綱をゆるめると動きが一変。脚元の回転力が増し、鋭く伸びられた。

6枠7番 キンショーユキヒメ 牝5 54.0 秋山【B】

栗東CW単走。馬場の外側を通って直線へ。尻ステッキを数発入れて一杯に追った。体は太めに見えるがこれで絞れるかもしれない。頭は高めで首の可動域はいまいち。気合い乗りはまずまず。

6枠8番 ノットフォーマル 牝6 54.0 黛【A】

美浦ポリトラック単走。気合い乗りは抜群で、ポリトラックで若干の割引は必要ではあるが、脚元の弾力性も高い。終いにかけて徐々に加速し、脚元の回転力を上げていく内容にも好感。

スポンサーリンク

7枠9番 ブラックオニキス 牝4 54.0 吉田隼【B】

美浦W併せの外。馬場の真ん中内目を通り、直線はクビ差追走。持ったまますっと前に出て追い出し、1馬身差先着した。四肢の可動域はまずまずあり、しっかり伸びられている。

7枠10番 ロッカフラベイビー 牝6 54.0 北村宏【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線はクビ差追走。持ったまま並びかけ、アタマ差先着した。ゴール後もリードをキープしてじんわりと動けている。

8枠11番 ワンブレスアウェイ 牝5 54.0 津村【B+】

美浦W単走。馬場の外側を深く入って直線へ。全身を大きく使って活気十分。ゴール後に前を行く3頭併せを悠々と抜き去った。ただ、終始舌を出しているのは割引。

8枠12番 デンコウアンジュ 牝5 54.0 蛯名【B+】

栗東坂路単走。体は進行方向をほぼまっすぐに向いており、首を小刻みに使って駆けられている。脚元は不良だが、軽く地面を蹴れており、状態は良さそう。

参考ステップレースの結果

中山牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/NakayamaHimbaStakesR.html

愛知杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/01/AichiHaiR.html

ターコイズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/TurquoiseStakesR.html

阪神牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/04/HanshinHimbaStakesR.html

東海S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/01/TokaiStakesR.html