スポンサーリンク

ab

2017年11月2日

【追い切り短評】JBCスプリント(JpnI)―2017年11月3日大井ダ1200外

1枠1番 ニシケンモノノフ 横山典(JRA)


【B+】栗東坂路単走。首を使ってリズム良く駆けられた。途中で尻ステッキを一発入れて最後まで脚色は衰えず、集中力も保てている。

1枠2番 セトノプロミス 三村展(高知)


【映像なし】

2枠3番 キタサンミカヅキ 繁田健(浦和)


【B】船橋併せの外。直線で早くも先頭に立つとそのまま一人旅。四肢の可動域はまずまず。ステッキを入れて反応はそれほどなかったものの負荷は十分にかけている。

2枠4番 スアデラ 赤岡修(高知)


【B】船橋単走。首の角度が良く、さわやかに駆けられている印象。リラックスした動きですっと伸びられている。

3枠5番 ノボバカラ 御神訓(小林)


【B+】美浦W単走。首を使ってリズム良く、集中してスムースに駆けられた。背中も安定している。

3枠6番 ドリームバレンチノ 岩田康(JRA)


【B-】栗東坂路単走。体は進行方向より右だがまっすぐに進めてはいる。馬なりの軽い内容にしては若干動きは硬い。首はある程度上手に使えている。
スポンサーリンク


4枠7番 プリサイスキング 達城龍(大井)


【A】大井併せの外。激しく追う相手をじっと見ながら馬なりに抜け出し、楽に1馬身先着した。毛ヅヤもピカピカで、筋肉もやわらかそう。

4枠8番 スノードラゴン 大野拓(JRA)


【B】美浦坂路単走。後脚の蹴り出す角度が若干ぶれるがまっすぐに進めている。リラックスした動きで前走時の状態は維持できていそう。

5枠9番 シゲルカガ 山崎誠(川崎)


【映像なし】

5枠10番 コパノリッキー 森泰斗(船橋)


【B】栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。四肢の可動域は及第点レベルにあり、首を使ってまずまずの動きは見せているものの、動きは好調時に比べるとスロー。ゴールよりかなり前にゆるめた。

6枠11番 ブルドッグボス 内田博(JRA)


【B】浦和併せの外。直線で大きく外に持ち出し抜き去ったため実質単走。やわらかに動けてはいるが、体が少しゆるいか。

6枠12番 コーリンベリー 松山弘(JRA)


【A】美浦ダート併せの外。背中が極めて安定しており、四肢の可動域は十分。首の角度も良い。トモにもボリューム感がある。
スポンサーリンク


7枠13番 アンサンブルライフ 真島大(大井)


【映像なし】

7枠14番 ゴーディー 的場文(大井)


【C】大井単走。鞍上は手綱をしごいたが動きはそれほど変わらない。四肢の可動域も狭い。このメンバーでは厳しそう。

8枠15番 ネロ 中野省(船橋)


【B】栗東坂路併せ。この馬はいつも追い切りが良く見えて、レースでは走らないのだが、今回は全体のタイムは良いものの、そこまで良く見えない。前半は十分な勢いと脚元の回転力があったのだが、一瞬前へ出たところをのんびり走る相手に差し返されて、アタマ差遅れた。

8枠16番 メジャーアスリート 高橋哲(浦和)


【映像なし】

参考ステップレースの結果

スプリンターズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/SprintersStakesR.html

東京盃(追い切り短評)
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/jpnii20171041200.html