スポンサーリンク

ab

2017年11月15日

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの反省と全着順-2017年11月11日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
113インカンテーション牡7571:35.5B-6
29サンライズソア牡3551:35.6B8
37アキトクレッセント牡5561:35.9-15
48ノンコノユメせん5581:35.9C7
516カフジテイク牡5571:36.1B+2
610ピオネロ牡6561:36.1B-9
712ベストウォーリア牡7581:36.1A3
85メイショウウタゲ牡6561:36.2-12
914モーニン牡5581:36.3B+4
101クインズサターン牡4561:36.4B-10
113ロワジャルダン牡6561:36.7B14
126サンライズノヴァ牡3561:36.8B1
132ゴールデンバローズ牡5561:37.2C5
1411ラストダンサー牡6561:37.2-11
1515ブラゾンドゥリス牡5571:37.4B+13
164チャーリーブレイヴせん7561:37.7B16


総評
A評価1頭、B+評価2頭。そろって沈み、B-評価インカンテーションが勝った。この馬はパドックで十分に拾えたのだが、それでも追い切り評価としては外れ。アキトクレッセントは映像がなかったが、タイムはまずまず出せていた。
スポンサーリンク

パドック
最後尾を歩かせている馬には注意が必要。今回はサンライズソアが順番を守らず最後尾を歩かせてもらっていたが、さすがに重賞だけあって良く見える馬が多く、軽視してしまった。
ポイント
スタートはそろった。ベストウォーリアが先頭に立ち、内からサンライズソアが2番手。カーブでインカンテーションが外からかぶせて2番手で折り合う展開。馬群は一団で外を回した馬には厳しい展開。直線。先行両馬が並んでいたが、残り200メートルでインカンテーションが抜け出す。サンライズソアが迫るがインカンテーションの脚色は落ちない。3番手には、これも前目につけていたアキトクレッセントが入り波乱の結果になった。
スポンサーリンク

分析
勝ち時計の1:35.5は、まずまず。良馬場で35秒台中盤なら十分だろう。ベストウォーリアがなぜか逃げてしまったのだが、実はペースは速かった。前半3Fが35.1。そこから12.2-12.7とゆるめたとはいえ前半1000メートルが1:00.0だ。ルメール騎手はまれに意味不明な騎乗をするが、ほとんどは平場でのもの。今回はスタート良く、折り合いもついていた。ハナに立ってペースをゆるめるのであれば、番手でも良かったのではないか。勝ったインカンテーションは状態も良かったのだろうが展開が向いた。楽に追走できる位置につけて脚をため、直線スムースに抜け出した。タイムだけを見ると本来は追い込み有利なのだろうが、中盤にペースがゆるんだことで、カーブで一団になった。そのため外を回した馬のコースロスが大きく、前につけた馬も脚がたまった。外でロスした有力差し馬と前目につけた馬との末脚が拮抗した結果、前残り気味の決着になったのだろう。時計から見て上位勢は能力を示したと言うことができ、一方負けた馬にとってはこのレースを度外視できる、という結果かもしれない。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/11/MusashinoStakes.html