スポンサーリンク

ab

2019年8月20日

北九州記念 2019 レース回顧

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 タイム 評価 人気
116ダイメイプリンセス牝655.01:08.2B9
25ディアンドル牝352.01:08.4B-3
311アンヴァル牝454.01:08.4B5
413モズスーパーフレア牝455.01:08.5B2
518ミラアイトーン牡556.51:08.5B1
63アレスバローズ牡757.51:08.6B6
717カラクレナイ牝555.01:08.6B8
82クインズサリナ牝551.01:08.6B-11
910エントリーチケット牝554.01:08.8B14
104イエローマリンバ牝453.01:08.9-12
1115シャドウノエル牝452.01:08.9B10
129キングハート牡656.01:09.0-17
1312ディープダイバー牡353.01:09.0B+7
148ファンタジスト牡354.01:09.1B4
151ラインスピリット牡856.01:09.2-15
167ラインシュナイダー牡755.01:09.4B-18
176ラブカンプー牝453.01:09.6A13
1814ナインテイルズ牡855.01:09.6-16


総評


A評価1頭、B+評価1頭。どちらも10着以下に沈み、B→B-→Bの決着。悩ましいのはディアンドルで、コメントでも指摘したが、この馬はいつも追い切り良く見えないようだ。困った馬が1頭出てきた。

スポンサーリンク

パドック


良く見えた馬は全くだめ。1着ダイメイプリンセスは可もなく不可もない印象。2着ディアンドルは歩幅狭くそれほど目立たず。3着アンヴァルも平均レベルという印象だった。なお、モズスーパーフレアの+28は+26の誤りでした。

ポイント


スタートはばらつき、アレスバローズが行き脚つかず。3コーナーまで内からイエローマリンバ、ラブカンプー、モズスーパーフレアが先行争いをしていたが、コーナーワークでイエローマリンバが先頭へ。アレスバローズは3~4コーナーで押し上げ、ファンタジストが最後方に下がったこと以外は大きな変動なく流れ、直線手前で馬群はほぼ一団。直線を向く際には大きく外へ膨れた。イエローマリンバは残り200メートル地点で先頭も、ディアンドルとモズスーパーフレアに交わされて失速。これら2頭で決まりそうになったがモズスーパーフレアはそれほど伸びず、最後は外から鋭く伸びたダイメイプリンセスが突き抜けた。

スポンサーリンク

分析


勝ち時計の1:08.2は、強調できない。1200メートル戦になった2007年以来、2016年バクシンテイオーの1:08.5に次ぐ2番目に遅いタイムになった。前半-後半のラップは32.7-35.5で、ハイペースの消耗戦と見ることもできるが、前年は32.4-34.2。今年よりペースが速かったにもかかわらず、後半タイムも1.3秒上回っている。ここからも、低レベルな一戦と判断することができるだろう。道中前へ行って+26キロと太め残りの上に牝馬で55キロを背負い、4着にがんばったモズスーパーフレアは能力上位と見ることができる。近走不振のダイメイプリンセスは勝ったことが大きい。これで秋山騎手が乗ると5.2.0.4。秋山騎手は長篠S(4番人気5着)とCBC賞(6番人気9着)を除いてすべて人気より上の着順に持ってきている。コンビ継続で、次走もがんばれそうだ。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2019/08/KitakyushuKinen.html