スポンサーリンク

ab

2017年11月17日

【枠順確定】マイルチャンピオンシップ(GI)追い切り評価最終版-2017年11月19日京都芝1600定量

1枠1番 ブラックムーン 牡5 57.0 A.アッゼニ【B】

栗東CW併せの外。馬場の外目を通り、直線は3馬身差追走。好タイムで半馬身差遅れまで迫り、ゴール後並ぶところまでやった。四肢の可動域はまずまずあり、体幹も安定している。発汗は目立つ。【1週前映像なし】

1枠2番 アメリカズカップ 牡3 56.0 松山 弘平【C】

栗東坂路単走。タイムはそこそこ出ているが、脚元はスローで動きもバタバタ。さすがにこれでは。【1週前映像なし】

2枠3番 ヤングマンパワー 牡5 57.0 石橋 脩【B-】

美浦W3頭併せの中。馬場の外目を通り、直線は外からクビ差ずつ追走。持ったまま激しく追う外と併入し、その後前へ出た。内容は悪くなく、タイムもそこそこ出ている。一方、頭は高く、四肢の可動域はいまいち。【1週前追い評価:C】

2枠4番 サングレーザー 牡3 56.0 福永 祐一【B-】

栗東坂路単走。前半の動きが全く評価できない。前に馬が居ないにもかかわらず左右にふらふらと流れた。後半はある程度促してまっすぐに駆けられたが、活気に乏しい。【1週前追い評価:B】

3枠5番 サトノアラジン 牡6 57.0 川田 将雅【A】

栗東CW3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は外から1馬身差ずつ追走。ダイナミックな動きで中を寄せ付けず、外に半馬身先着した。ストライド走法でゆったりと駆けられている。好状態を維持できている。【1週前映像なし】

3枠6番 ダノンメジャー 牡5 57.0 北村 友一【B+】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線はクビ差追走。並んで相手の方を見る激しさを見せながらではあるが折り合はつき、仕掛けるとすっと伸びて1馬身先着。その後もしっかり脚を伸ばし、1コーナー手前で鞍上がよく走ったと言わんばかりに首をポンと叩いた。動きはもちろん良いのだが、この最後の仕草だけでもプラス評価をしたくなる。【1週前映像なし】

スポンサーリンク

4枠7番 レッドファルクス 牡6 57.0 C.デムーロ【A+】

美浦ダート併せの外。凄まじい内容だった。2馬身ほど前を行かせた相手をカーブでまくり、直線を向いたときにはほぼ並走。そのまま5完歩ほど折り合い、すっと抜けると破壊力満点の脚でぶっちぎり、相手を置き去りにした。オープンを勝っているだけあって、ダートでこの動きはさすが。フェブラリーSにも出たら勝ってしまうのではないだろうか。【1週前追い評価:B】

4枠8番 マルターズアポジー 牡5 57.0 武士沢 友治【A】

美浦W単走。ラチ側を深く入って直線へ。四肢の可動域は十分にあり、パワフルで躍動感にあふれる走り。タイムはまずまずだが、外側から入って4コーナーでは内目。斜めに走っており走行距離は長い。今回は発汗もそれほど見られず、状態は良さそうだ。【1週前追い評価:B+】

5枠9番 レーヌミノル 牝3 54.0 和田 竜二【B+】

栗東CW単走。ラチ側を深く入って直線へ。軽快にリズム良く飛ばし、最後は追って脚色は衰えなかった。タイムも優秀で、素軽く動けている。【1週前映像なし】

5枠10番 クルーガー 牡5 57.0 A.シュタルケ【B】

栗東坂路単走。ラチ側をまっすぐに。前半は右後肢、中盤は左後肢が流れていたが、終いはきれいに蹴れていた。最後のフォームをどれだけ長く続けられるかで結果は変わってきそう。評価は難しいが据え置く。【1週前映像なし】

6枠11番 エアスピネル 牡4 57.0 R.ムーア【B】

栗東坂路併せ。仕掛けからの反応はまずまずで1馬身半先着。相手に自ら馬体を合わせに行く勝負根性も見られた。ただ動きが好調時より硬いことは割引で、評価は据え置く。【1週前追い評価:B】

6枠12番 イスラボニータ 牡6 57.0 C.ルメール【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は2馬身差追走。ゴール前伸びて併入した。着地はやわらかですべての動きがスムース。派手さはないが、問題ない仕上がりだろう。【1週前追い評価:B】

スポンサーリンク

7枠13番 グランシルク 牡5 57.0 田辺 裕信【B+】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線は2馬身差追走。迫力のある走りで並びかけると、その後も差を広げた。弾力性と力強さは十分。四肢の可動域も広い。【1週前追い評価:B+】

7枠14番 ガリバルディ 牡6 57.0 岩田 康誠【B】

栗東芝併せの外。四肢の可動域は及第点レベルで動きも若干スロー。ただ、そのぶんの力強さはある。仕掛けられてから脚元の回転力が増したことは評価。やわらかさも感じられる。【1週前映像なし】

7枠15番 ムーンクレスト 牡5 57.0 藤岡 佑介【B】

栗東CW単走。馬場の外側を通って直線へ。カーブから積極的な走りであったぶん、直線最後は疲れた。鞍上は何度か軽めのステッキを入れ、馬も反応しようとしたのだが脚が残っていない。とはいえカーブでのフォームは美しく、評価は据え置く。【1週前映像なし】

8枠16番 ウインガニオン 牡5 57.0 津村 明秀【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向をまっすぐに向いており、フォームの安定感もあるのだが、トボトボと走っている印象で非力さを感じる。【1週前映像なし】

8枠17番 ジョーストリクトリ 牡3 56.0 武 豊【B】

栗東坂路単走。首の使い方はぎこちないが、体幹はしっかりしておりフォームは安定。脚元の力強さもまずまず。【1週前映像なし】

8枠18番 ペルシアンナイト 牡3 56.0 M.デムーロ【B+】

栗東CW併せの内。馬場の外目を若干ショートカットし、外側を行く相手と並走して直線へ。折り合いがつきすぎたのか遅れかけたが、相手の鞍上が振り返ったタイミングで軽い仕掛け。そこからきっちり併入した。1週前良かったのでこれで十分だろう。操縦性も高そうだ。【1週前追い評価:A】

1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/11/MileChampionship1W.html

参考ステップレースの結果

スワンS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/11/SwanStakesR.html

富士S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/FujiStakesR.html

スプリンターズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/SprintersStakesR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/06/YasudaKinenR.html

関屋記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/08/SekiyaKinenR.html

京成杯AH
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/09/KeiseiHaiAHR.html

天皇賞・秋
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/11/TennoShoAUTUMNR.html

毎日王冠
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/MainichiOkanR.html

秋華賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/ShukaShoR.html