スポンサーリンク

ab

2017年5月17日

【水曜追い】平安ステークス(GIII)追い切り評価-2017年5月20日京都ダ1900別定

アスカノロマン 57.0 【A】

栗東CW単走。馬場の外側を通って直線へ。四肢の可動域は十分で、体幹もしっかりしている。鞍上は一切手を動かさず、最後までしっかりと駆けられた。

エルマンボ 56.0 【C】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線はクビ差追走。促したがそれほど伸びず、馬なりの相手と併入どまり。ゴール後も追ったが脚色は変わらなかった。終始舌を出していることも割引。

クリソライト 58.0 【B】

栗東坂路併せ。体は進行方向をまっすぐに向いており、前脚の動きは美しい。一方、後脚は少し流れ、終始舌を出していることはマイナス。タイムはまずまず出ている。

クリノスターオー 56.0 【B-】

栗東坂路単走。首が右に出る完歩は多いが、体は進行方向にまっすぐでタイムは良い。毛ヅヤも良い。ただ、集中力がいまいちな印象で、横を伸びてくる関係ない馬に軽々と追い抜かれたことも印象を下げてしまう。

グレイトパール 56.0 【B】

栗東CW3頭併せの内。馬場の外側を通り、ほぼ並走して直線へ。直線は追いどおしで尻ステッキも使ったが、3頭がそのまま併入した。動きに力強さはあり、タイムも良いので相手が走りすぎたのかもしれないが、エンジンのかかりは遅い印象。

グレンツェント 58.0 【B+】

美浦W3頭併せの中。馬場の外目を通り、直線は内の馬と並んで外の相手を1馬身差追走。内と併入し、外に半馬身先着した。折り合いはきちんとついており、四肢の可動域も十分。集中して駆けられている。





ケイティブレイブ 58.0 【B】

栗東坂路併せ。見せムチから尻ステッキ3発でピリッとさせ、クビ差先着した。前半は首を左右に振る完歩が多かったのだが、追われてきちんと走れたことは評価。推進力は若干上に逃げる。

コパノチャーリー 56.0 【B】

栗東坂路併せ。相手に馬体を寄せていく勝負根性を見せ、荒々しく抜け出すと少しふわっとする完歩はあったものの最後までしっかり駆けて3馬身程度先着した。首をきれいに上下動していない完歩はあるものの、活気と見てもよさそう。

タガノエスプレッソ 56.0 【A】

栗東坂路単走。馬の少ない時間帯に、馬場の真ん中をゆったりと。終いだけ促すと馬もきちんとそれにこたえ、軽快なリズムで坂を駆け上がっていた。好状態。

ドリームキラリ 56.0 【B-】

栗東坂路単走。この馬なりに懸命に走っているのだが、関係ない隣の馬に楽々と交わされ1馬身後れた。非力さが目立つ。

ピオネロ 56.0 【B】

栗東CW単走。ラチ側を深く入って直線に入り、終い促してまずまずの時計を出した。加速後の首の使い方と前脚の伸びやかさは優秀。ただ、後脚の推進力は強調できない。

マイネルクロップ 56.0 【B+】

栗東坂路単走。活気は感じないのだが、体幹がしっかり。脚元も一切流れない。途中、横を向いたところでステッキを抜いて左から一発、対で右から一発。集中力を取り戻して最後までしっかりと駆けられた。





マイネルバイカ 56.0 【B-】

栗東坂路単走。首をきれいに上下動させながらリズム良く駆けられている。ただ、鞍上のアクションの割には馬が動かず、後脚の流れる完歩が多い。

リーゼントロック 56.0 【B+】

栗東坂路併せ。ラチ沿いに目の前を行かせた馬の隣に持ち出し、すっと抜け出すと2馬身程度先着した。右前肢を叩きつけるようなフォームで、疲れが心配な走り方だが今回はパワフルさ十分。抜け出すときに馬体を離したことは割り引くものの、内容は良い。

ロワジャルダン 56.0 【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。四肢の可動域は及第点レベルだが、体幹はしっかりしており最後まで気を抜かずに駆けられた。

ロンドンタウン 57.0 【B+】

栗東CW単走。馬場の外側をゆったりと直線へ。毛ヅヤはピカピカでいかにも好調そう。頭は高いがリラックスして駆けられている。


参考ステップレースの結果

アンタレスS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/04/AntaresStakesR.html

東海S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/01/TokaiStakesR.html

フェブラリーS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/FebruaryStakesR.html

エルムS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/ElmStakesR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/