スポンサーリンク

ab

2016年2月26日

【枠順確定】中山記念(GII)追い切り評価最終版-2016年2月28日中山芝1800別定

1枠1番 サトノギャラント 牡7 56.0 柴山雄一【C】

坂路併せ。頭が終始ラチ側を向いている。前脚の動きに切れがなく、全体としてもっさりした印象。

2枠2番 リアルスティール 牡4 55.0 福永祐一【B+】

坂路併せ。目の前を行かせた相手をラチ沿いをまっすぐ走らせペースメーカーに。合図で大きく右へよれたが、すぐに立て直して脚色良く伸び、2馬身先着した。ただ、動きが美しいのは最後の数完歩のみで、体が進行方向をまっすぐに向かない動きも多い。

3枠3番 ロゴタイプ 牡6 57.0 田辺裕信【B】

W併せ。馬場の真ん中あたりを通り、手前を替えるのに手間取りながらもきれいに伸びて半馬身先着した。頭は高めで首の上下動もそれほどないにもかかわらず、滞空時間の長い走りでふわふわとした不思議な動き。ただ、背中は安定している。



4枠4番 マイネルラクリマ 牡8 56.0 柴田大知【B-】

W併せ。馬場の外目を深く入って3馬身以上後ろから追走。いいペースで着実に差を詰め、ゴール地点では併入。その後馬体を合わせて走ったが、脚色は鈍った。

5枠5番 フルーキー 牡6 56.0 戸崎圭太【B-】

CW3頭併せの外。中はラストインパクトで、実質2頭の併せ馬。馬体を並べて直線に入ってから、この馬の鞍上は隣を気づかい、追い出しも呼吸を合わせて開始。ずっとアタマ差遅れをキープしてゴール後も抜きに行かなかった。相手のためにやっているような追い切り。動きは悪くないが、追い切り内容は疑問。

6枠6番 イスラボニータ 牡5 57.0 蛯名正義【A】

W併せの内。馬場の外目で2馬身後ろから直線へ。内からすっと脚を伸ばし、ゴール地点では若干遅れも、その後ゆるめずいい手ごたえで伸びて相手を突き放した。首の角度が良く、体幹がしっかりしている。

6枠7番 ラストインパクト 牡6 56.0 Fベリー【B】

CW3頭併せの中。外はフルーキーで実質2頭併せ。直線で舌を出していたが、若干先行されてアタマ差抜き返してからは舌を引っ込め、きれいな走りに。ゴール後も抜かせなかった。



7枠8番 レッドレイヴン 牡6 56.0 柴田善臣【B】

W併せ。馬場の外目で内から馬体を合わせ、ゴール地点ではアタマ差遅れも、その後前へ出るところまでやった。発汗が多いことは気になるが、後脚の繋がきれいに返っていて、パワフルさを感じられる。

7枠9番 ドゥラメンテ 牡4 57.0 Mデムーロ【B】

W併せ。馬場の真ん中外目で2馬身後ろから直線へ。そのまま離されかけたが、追うと一気に伸びる。ゴール地点で1馬身遅れも、その後一瞬で交わし、ぐいぐい伸びた。内外は違うが皐月賞時と同じパターンなので、遅れは気にしなくてよい。十分に走れる状態にはありそうだが、毛ヅヤはいまいちで、馬体がごつごつした印象になっていることも気になる。

8枠10番 アンビシャス 牡4 55.0 Cルメール【B-】

坂路併せ。ラチ沿いをまっすぐ走り、1馬身先着した。前半後脚が若干流れ、左前肢が少し内向していたものの、後半はきれいな動きに。ただ、後脚のパワフルさは好調時にない。全体のタイムはまとめたが、最後に脚色が鈍った。

8枠11番 カオスモス 牡6 56.0 内田博幸【B+】

坂路単走。ラチと相手の間の狭いところに体を入れると、相手がスペースを空けてくれたので、そのままラチ沿いを馬なりに。鞍上はじっと手を動かさず、淡々と駆け、最後は相手が何度ステッキを入れても動じず同じリズムで。最後は若干スピードが落ちたとはいえ、持ったままで半馬身先着した。

参考ステップレースの結果

中山金杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/NakayamaKimpaiR.html

天皇賞・秋
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/TennoShoAutumnR.html

日本ダービー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/06/JapaneseDerbyR.html

東京新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/TokyoShimbunHaiR.html