スポンサーリンク

ab

2016年2月25日

【水曜追い】アーリントンカップ(GIII)追い切り評価-2016年2月27日阪神芝1600別定

アーバンキッド 56.0 【A】

W3頭併せの内。馬場の外目で1馬身後ろから直線へ。力強く抜け出して1馬身先着した。馬体の張りは上々で、ボリューム感がある。四肢の可動域は広く、首も上手に使えている。

ウェーブヒーロー 56.0 【B+】

坂路併せ。相手と馬体を離していたので実質単走だが、追う相手を一切気にせず、ラチ沿いをリズム良く、安定したフォームで駆けて3馬身以上先着した。

オデュッセウス 56.0 【B】

W単走。カーブから意欲的な動きで、ラチ一杯を深く入って直線へ。直線も動けてはいるのだが、手前がなかなか決まらず、背中の安定性に欠ける。毛ヅヤなど状態面は良さそう。

シゲルノコギリザメ 56.0 【C】

坂路単走。四肢の動きが一完歩ごとに異なる。頭の位置も安定しない。最後は脚が上がり、鞍上が押しても立て直せなかった。



ダンツプリウス 56.0 【B-】

CW3頭併せの中。外を回した割にタイムは悪くないが、1馬身前を行く馬を最後までとらえきれず、内に半馬身遅れ、外に1馬身先着。強烈な尻ステッキを入れて追われても、伸びきれなかった。馬体も太め。

ビップライブリー 56.0 【C】

坂路単走。全体的にふらふらと走る印象。体は進行方向より若干右だが、そこだけが問題なのではなく、脚元の力強さは皆無で、地面をしっかりつかめていない。動きも左右にぶれる。

ヒルノマゼラン 56.0 【B】

坂路単走。シンザン記念(除外)の追い切りを見たときから期待していた馬が、ようやく重賞戦線にたどり着いた。今回は坂路。後脚の力強さはいまいちだが、前膝のやわらかさは良い。最後はしんどくなっりラップも落ちているが、気を抜かずに走ったことは好感。

ボールライトニング 57.0 【B】

坂路併せ。横殴りの雪のせいかもしれないが、体が進行方向より若干右を向いたり左を向いたりする。最後の数完歩はしっかりと前を向いて伸び、1馬身先着した。タイムは良い。



マディディ 56.0 【C】

ポリトラック併せ。タイムは悪くないが動きはいまいち。首の動きに躍動感はなく、四肢の可動域は狭い。鞍上が左手綱を引っ張っているためかもしれないが、顔は常に左を向いている。相手の藤岡康騎手(服でわかる)が気にしてくれていたが、ハナ差遅れた。

レインボーライン 56.0 【C】

坂路単走。首を上下に使わず、左右に振る。ひどいときには円を描くように動かす。最後はまっすぐになったが、前後に使う。馬体は薄く映り、左後肢を左後ろに蹴り出す。タイムは悪い。

ロワアブソリュー 56.0 【B+】

坂路併せ。鞍上が相手に何か話しかけると、追い出しを開始。バランスの悪い走りだがパワフルな脚元でぐいぐい伸び、5馬身程度先着した。左前肢で方向を決め、右前肢と2本の後脚を使って推進力を得るような動きは独特だ。

参考ステップレースの結果

朝日杯FS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/AsahiHaiFuturityStakesR.html

きさらぎ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KisaragiShoR.html

シンザン記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/ShinzanKinenR.html

京成杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/KeiseiHaiR.html

京王杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/KeioHaiNisaiStakesR.html



※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/