スポンサーリンク

ab

2017年11月3日

【枠順確定】アルゼンチン共和国杯(GII)追い切り評価最終版-2017年11月5日東京芝2500ハンデ

1枠1番 セダブリランテス 牡3 54.0 戸崎圭【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は中と並んで外を半馬身差追走。終い軽く促して外と同入、中に1馬身先着した。ゴール後もある程度動かした。内容は軽いが前脚を伸びやかに使えている。

1枠2番 マイネルサージュ 牡5 54.0 柴田大【B-】

美浦W4頭併せの外。ラチ一杯を深く入り、直線は隣にアタマ差先行。内の2頭は問題外だったため実質2頭併せ。その後並んで併入した。頭は高めで四肢の可動域は及第点レベル。タイムはまずまずだがB評価には少し足りないか。

2枠3番 デニムアンドルビー 牝7 54.0 田辺【B】

栗東坂路併せ。前に併せ馬が居たためチップを浴び、少しひるんだようなシーンもあったが、最後はしっかり伸び、1馬身先着した。前に馬が居なければタイムはさらに良かったはず。脚元はやわらかで状態は良さそう。

2枠4番 スワーヴリチャード 牡3 56.0 Mデムーロ【B+】

栗東CW3頭併せの外。カーブでは5馬身差以上追走し、馬場の外目を通って直線は前で並ぶ2頭を1馬身差追走。最後は中の相手と馬体を合わせて抜け、クビ差先着した。直線では手前を替えようと悪戦苦闘しながら、結局替えきれず最後は右手前。それでもしっかり伸びられており、今回は左回りなので問題ないと見たい。

3枠5番 トウシンモンステラ 牡7 53.0 北村宏【B】

栗東坂路単走。前膝の硬さは見られるが、左右のバランスは取れており、タイム以上に活気を感じる内容。軽い尻ステッキを使ってしっかり負荷をかけている。

3枠6番 プレストウィック 牡6 55.0 シュミノー【B】

美浦W併せの外。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。持ったまま並びかけゴール地点ではアタマ差遅れもその後並んでしっかり折り合えた。内容は軽くタイムは悪いが、体の使い方は安定しており、気合い乗りの良さは感じられる。評価は据え置きたい。

スポンサーリンク

4枠7番 ソールインパクト 牡5 53.0 福永【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は半馬身差追走。強く追って半馬身先着し、ゴール後も長く追った。四肢の可動域は及第点レベルだが、まずまずしっかりとは動けている。

4枠8番 カレンミロティック セ9 57.0 池添【B-】

栗東坂路単走。パワフルで荒々しく動けているのだが、いい頃に比べるとその荒々しさのせいで脚元がバタバタした印象。推進力も上に逃げる。

5枠9番 シホウ 牡6 53.0 吉田隼【-】

映像なし

5枠10番 サラトガスピリット 牡5 53.0 内田博【-】

映像なし

6枠11番 アルバート 牡6 58.5 シュタルケ【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線はクビ差追走。ある程度促してアタマ差先着した。前脚は伸びやかで後脚もしっかり蹴れているのだが、頭が高すぎて見栄えはしない。確かに元々頭の高いフォームではあったが、以前よりひどくなっている。

6枠12番 トルークマクト 牡7 53.0 江田照【B-】

美浦W3頭併せの中。馬場の外目を通り、直線は外から半馬身差ずつ追走。ゴール地点ではその差がアタマ差ずつに詰まり、ゴール後追って外に並ぶところまでやった。ただ、追ったにしてはそれほど反応しておらず、四肢の可動域も狭め。軽ハンデを生かしてどこまでやれるか。

スポンサーリンク

7枠13番 ハッピーモーメント 牡7 54.0 津村【B】

栗東CW3頭併せの外。ラチ一杯を深く入り、直線は半馬身ずつの差をつけて先行。軽く促しながら中の相手と並んで伸び、若干先着して併入。ゴール後も長く並んで駆けた。動きの安定感はいまいちだが、頭を低く保って賭けられている。毛ヅヤは良い。

7枠14番 レコンダイト 牡7 55.0 北村友【A】

栗東坂路併せ。馬体はそれほど見栄えしないのだが、動きは良い。首をリズム良く使い、進行方向をまっすぐに向き、回転力の豊富な脚元で集中して駆けられている。

8枠15番 ヒットザターゲット 牡9 57.0 三浦【C】

栗東坂路単走。相変わらず後脚が大きく外を回す平泳ぎのようなフォームだが、それはこの馬の動き方なので仕方がない。今回は前脚もきれいに動かせていないことは気がかりで、終い明らかに脚色が鈍った。強めのステッキを使っても徐々にラチ側へ流れた。このハンデでは。

8枠16番 カムフィー 牡8 52.0 勝浦【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。すっと前に出たところまでは良かったが、そこから脚色が一緒になり、肩ステッキを2発入れても反応は変わらなかった。ゴール後もしっかり追って負荷はかけている。軽ハンデを生かせれば。

参考ステップレースの結果

京都大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/KyotoDaishotenR.html

オールカマー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/09/AllComersR.html

函館記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/07/HakodateKinenR.html

目黒記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/MeguroKinenR.html

日本ダービー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/DerbyR.html

ラジオNIKKEI賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/07/RadioNikkeiShoR.html

七夕賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/07/TanabataShoR.html

新潟記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/09/NiigataKinenR.html

ダイヤモンドS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/DiamondStakesR.html