スポンサーリンク

2017年3月18日

【1週前追い】高松宮記念(GI)追い切り評価-2017年3月26日中京芝1200定量

シュウジ 57.0 【B+】

栗東坂路併せ。パワフルさが目を引く。相手の真後ろにつけて坂に入り、並ぶ間もなく抜き去ると、そのまま3馬身以上先着した。頭は高めだが首はきちんと使えており、ステッキを使わず押して十分な負荷をかけた。

スノードラゴン 57.0 【B】

美浦坂路単走。楽に流しただけの内容。それでも首をゆったりと使って四肢をやわらかに使う動きで、状態の良さは伝わってくる。評価はDでもいいのだが、Bをつけておく。

セイウンコウセイ 57.0 【B-】

美浦W単走。馬場の外目を通って直線に入り、軽く促して脚を伸ばした。気になるのは手前。ずっと左手前で走っており、直線で右手前に替えようとしてが、2完歩だけ右手前で走ってすぐに左手前に戻した。左回りの府中で実績はあるが、本質的に右回りの方が合うのではないか。





ソルヴェイグ 55.0 【B】

栗東坂路単走。首を使えておらず、頭の位置が安定しない。ただ、脚元の動きは気分良さそうで、楽に地面を蹴って、四肢の可動域以上のストライドで駆けられている。

トーキングドラム 57.0 【A】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は半馬身差追走。ステッキを入れる相手にほぼ持ったまま並びかけ、ダイナミックな動きで抜け出し、1馬身先着。その後も差を広げた。四肢の可動域は大きく、動きは伸びやか。前後の連動も良い。体は少しゆるめかもしれないが、1週前なら理想的だ。

レッツゴードンキ 55.0 【B+】

栗東坂路単走。植え込み側から坂に入り、ラチ側へと徐々に流れたが、それは前の馬にじゃまされないためだろう。最後にステッキを抜き、軽く肩に入れて、数馬身前に居た関係ない馬を半馬身差まで追い詰めた。前脚と後脚は同一ライン上にあり、一切流れない。好状態。





レッドファルクス 57.0 【A】

美浦W併せの外。馬場の外側を通り、直線は1馬身半差追走。直線追い込みゴール地点ではクビ差遅れも、その後しっかり追い、前へ出るところまでやった。タイムはさほど出ていないが、動きは上々。ぐっと首を下げ、十分な四肢の可動域をもって鋭く伸びた。前への推進力も豊富だ。

ワンスインナムーン 55.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は半馬身差追走。首は大きく使えているが、脚元の動きは若干スロー。飛節のクッションがそれほど効いていない。伸びて半馬身先着はできた。


参考ステップレースの結果

オーシャンS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/OceanStakesR.html

阪急杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/HankyuHaiR.html

シルクロードS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/SilkRoadStakesR.html

京都金杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/01/KyotoKimpaiR.html

京都牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/KyotoHimbaStakesR.html

注意: 本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/