スポンサーリンク

ab

2016年3月21日

中日スポーツ賞ファルコンステークスの反省と全着順-2016年3月19日のレース

1着【A:2人気】5番 トウショウドラフタ 1:25.0
2着【B:3人気】15番 ブレイブスマッシュ 1:25.3
3着【B:9人気】1番 シゲルノコギリザメ 1:25.4
4着【C:8人気】17番 マディディ 1:25.6
5着【映像なし:15人気】18番 ラズールリッキー 1:25.8
6着【C:13人気】13番 バシレウスライオン 1:25.9
7着【B+:7人気】10番 レッドラウダ 1:25.9
8着【B:5人気】16番 ショウナンライズ 1:26.0
9着【C:18人気】14番 オーシャンビュー 1:26.0
10着【C:10人気】7番 モンスターキング 1:26.2
11着【B+:4人気】8番 ルグランフリソン 1:26.7
12着【B:1人気】9番 シュウジ 1:26.8
13着【映像なし:12人気】4番 ミスキララ 1:26.9
14着【B:14人気】6番 キングハート 1:27.2
15着【C:16人気】12番 サイモンゼーレ 1:27.5
16着【B+:11人気】2番 メイショウシャチ 1:27.6
17着【C:6人気】11番 ペイシャフェリシタ 1:31.4
18着【B-:17人気】3番 メイスンスパート 1:35.3

A評価1頭、B+評価3頭。別定の57キロを背負っても、1,2番人気は抜けてシュウジとトウショウドラフタ。1点で買うか、それともどちらかを切るか。追い切りからもパドックからも、トウショウドラフタは切れない。そのトウショウドラフタが1着で、B+評価の2頭は沈んだものの、2,3着はB評価の馬が来た。



パドックで最も良く見えたのは、トウショウドラフタだった。外を回って気配良好。肩と後脚の可動域が広く、踏み込みの力強さより、前脚後脚共にやわらかさが目立つ。シュウジは、筋肉質で見栄えのする馬体。しかし、後脚の踏み込みが浅く、可動域も狭い。馬体重がマイナスだったら狙えると見ていたブレイブスマッシュはマイナス2キロ。2人引きで気合いは入っているのだが、入れ込みに近く買いづらい雰囲気。そのほか良く見えたのは、ショウナンライズとシゲルノコギリザメ。ミスキララは最後尾を歩いていたが、踏み込みの力強さを感じられず、評価を割り引いた。

レース。ペイシャフェリシタが出遅れから行き脚つかず。メイスンスパート、モンスターキング、オーシャンビューも遅れた。先行争いは6頭が広がり、ミスキララがハナを奪って2馬身先行。2番手にシゲルノコギリザメとシュウジが並ぶ。前半3Fは33.2。直線。ミスキララはすぐにつかまり、シゲルノコギリザメが先頭へ。シュウジは並んで上がってくるが、そこまで。内からブレイブスマッシュが迫る。残り150メートルあたりでブレイブスマッシュが粘るシゲルノコギリザメに並びかける。抜けたこの2頭を、馬場真ん中あたりからトウショウドラフタが差しきった。

勝ち時計の1:25.0は、遅いとはいえ不良馬場。2012年に1400メートル戦になって以来、不良馬場は初めてで、2012年に重馬場で勝ったブライトラインのタイムは1:24.0だった。比較になりそうなレースは、翌々日の最終レース、4歳以上500万円以下しかない。しかし、このレースは馬場が回復してきたために良馬場で行われ、ダイワプロパーの勝ち時計は1:23.1だった。タイムからは何とも言えず、負けた馬も不良馬場を言い訳にできるレース。トウショウドラフタも、2,3着馬の通った荒れた内ではなく、伸びるコースを通ってきた。田辺騎手の好騎乗はたたえるべきではあるのだが、現時点では、馬の能力が着差ほど抜けていると断言しにくい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/FalconStakes.html