スポンサーリンク

ab

2016年2月26日

【枠順確定】阪急杯(GIII)追い切り評価最終版-2016年2月28日阪神芝1400別定

1枠1番 ダイワマッジョーレ 牡7 56.0 高倉稜【B+】

坂路併せ。この馬の坂路はいつも美しい。テンポ良く上下動する首、前膝から繋にかけてのやわらかさ、後脚の推進力、そしてバランスの良さ。今回も好フォームできっちり馬体を合わせて伸び、最後はハナ差先着した。ただ、並んだときに少し外を向くなど、勝負根性の面で少々マイナス。

1枠2番 ルルーシュ 牡8 56.0 杉原誠人【B】

坂路3頭併せの内。ラチ沿いを行く2頭と馬体を合わせて突き放し、1馬身半先着した。復帰後の追い切りはいつもきれいな走りだったが、今回は荒々しさが出てきた。これを良しとするかどうか悩ましいところ。そろそろ変われるか。

2枠3番 ブラヴィッシモ 牡4 56.0 川田将雅【B】

坂路併せ。追われるだけ伸びて2馬身先着。動きに迫力も感じられる。ただ、右半身は安定しているが、左半身がいまいち。左前肢は左後ろへ蹴り出し、左後肢が流れる。

2枠4番 ヒルノデイバロー 牡5 56.0 四位洋文【B】

坂路単走。横殴りの雪の中、全体のタイムはかなりの好時計で、2馬身以上先着。ただ、最後は脚が上がってしまい、ステッキを何度入れても脚色は戻らなかった。

3枠5番 ミッキーラブソング 牡5 56.0 小牧太【B-】

坂路併せ。相手に徐々に寄っていったが、これは馬体を合わせに行く勝負根性ではなく、単に左側に流れただけのよう。頭も相手と逆の右側を向いている。脚元は安定しているが、気配はいまいちで、アタマ差遅れた。

3枠6番 ティーハーフ 牡6 56.0 池添謙一【B】

坂路単走。ラチを頼ったのか、馬場の真ん中あたりで追い出されると徐々にラチ側へ流れて行ったのはマイナス。ただ、ピッチ走法の回転力は確かで、ラチ側に行ってからはまっすぐにバランス良く駆けられた。



4枠7番 サドンストーム 牡7 56.0 武幸四郎【-】

映像なし

4枠8番 マイネルアウラート 牡5 56.0 丸山元気【B-】

W単走。馬場の真ん中あたりを軽快に駆けた。飛節のクッションは効いていて、脚元の回転力もあるのだが、四肢の可動域は狭く、頭も高い。体も薄く非力に映る。

5枠9番 レッツゴードンキ 牝4 55.0 岩田康誠【B】

坂路単走。気配はとても良く、脚元の回転も問題ない。ただ、馬が少なくこの馬だけが走っている馬場で、徐々に左へ流れていったことはマイナス。

5枠10番 ダノンシャーク 牡8 57.0 Fヴェロン【B+】

坂路併せ。目の前を行かせた相手に並び、すぐに抜け出すと、ステッキを何度も入れる相手を気にせずに伸びて1馬身半先着した。頭をほんの少し振りながら首を上下動させ、後脚が若干流れるものの、動きに力強さはあり、四肢の可動域も広い。

6枠11番 オメガヴェンデッタ セ5 56.0 武豊【A】

坂路併せ。そこまで動かない相手を全く眼中に入れず、自らのコースをまっすぐに伸び、2馬身先着した。鞍上は見せムチから尻ステッキ、さらに数発ステッキを入れてびっしり追い、馬もそれにこたえて最後まで脚を伸ばした。スピードを上げても全くぶれない。好仕上がりだ。

6枠12番 サカジロロイヤル 牡8 56.0 国分優作【B-】

坂路単走。ステッキを何度も入れられ、息を抜かせず追われた。パワフルさを感じさせる馬体だが、四肢の可動域はそれなりで、体も進行方向より右を向いている。



7枠13番 ミッキーアイル 牡5 57.0 松山弘平【A】

坂路併せ。ラチ沿いを行くきれいな動きの相手ときっちり馬体を合わせ、同入。相手はパワフルだが、この馬の動きは上品で、バランスがとても良い。タイムも出ている。

7枠14番 ゼロス 牡7 56.0 岩崎翼【-】

映像なし

7枠15番 エールブリーズ 牡6 56.0 藤岡康太【-】

映像なし

8枠16番 マイネルエテルネル 牡6 56.0 Sフォーリ【B-】

坂路単走。前半右へ大きく寄れたが立て直して追われた。右前肢を右後ろへと蹴るため、動きのバランスが安定せず、ばたばたした印象。全体のタイムはまとめたが。

8枠17番 タガノブルグ 牡5 56.0 秋山真一郎【B】

坂路併せ。馬体は進行方向より右を向いているが、相手の方向なので勝負根性ととらえることもできる。ただ、馬なりに伸びる相手に対して、何度ステッキを入れても追いつけず、アタマ差遅れた。全体のタイムはまとめているが。

8枠18番 ケントオー 牡4 56.0 和田竜二【C】

坂路単走。後脚で蹴り出してから前へ持ってくるときに、まっすぐでなく外を回してくるため、動きのバランスがよろしくない。前脚の動きもちぐはぐで、ばたばたとした印象。タイムは悪くないが。

参考ステップレースの結果

京都金杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/KyotoKimpaiR.html

阪神C
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/HanshinCupR.html

マイルCS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/MileChampionshipR.html

東京新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/TokyoShimbunHaiR.html