スポンサーリンク

ab

2018年10月18日

【1週前追い】天皇賞・秋(GI)追い切り評価-2018年10月28日 東京芝2000定量

アルアイン 58.0 【B+】

栗東坂路併せ。中盤まではゆったり並走し、軽く仕掛け。反応は良くパワフルに抜け出すと4分の3馬身先着した。

ヴィブロス 56.0 【B-】

栗東坂路併せ。終い押して1馬身先着したが内容は一息。関節の動きが硬く、頭の位置も安定しない。映像で見づらい角度だが、おそらく左側に舌を出していることも割引。

キセキ 58.0 【B】

栗東CW単走。ラチ側を深く入って直線へ。首の上下動幅が完歩ごとに変わるが、脚元はしっかりしている。バランス重視の走りで一完歩ずつ着地を確かめるような動き。タイムはまずまず出ており本追い切りですっと伸びれば。

2018年10月17日

【水曜追い】菊花賞(GI)追い切り評価-2018年10月21日京都芝3000馬齢

アイトーン 57.0 【B-】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。1週前とほぼ同じ内容だが、楽な内容の割にタイムは出ている。後脚の力強さが不足していて、体を小さく見せ、非力な印象。【1週前追い評価:B-】

アフリカンゴールド 57.0 【B-】

栗東CW単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。鶴首で気合い乗りは十分。前膝を高く上げて力強く着地できている前駆は安定した動き。一方、背中の安定性はいまいちで、後脚がきれいな推進力を生めていない印象。トモに力がつけば成長してきそうだが。【1週前映像なし】

エタリオウ 57.0 【B-】

栗東CW3頭併せの中。内はユーキャンスマイル。楽な手ごたえで馬場の外目を通り、直線は外からアタマ差ずつ追走。ある程度促したが反応は鈍く、ほぼ持ったままの内にクビ差遅れた。【1週前追い評価:B】

【水曜追い】富士ステークス(GIII)追い切り評価-2018年10月20日 東京芝1600別定

ウインブライト 58.0 【B】

美浦W単走。馬場の外側を通って直線へ。首の動きがぎこちなく前膝も硬いが、動きのバランスは取れている。フォームもぶれず、最後まで安定した動きをできている。

エアスピネル 57.0 【B】

栗東坂路単走。右前肢が着地後内向するのはいつもどおり。後脚の蹴り出しはまっすぐで良いのだが、今回は肩の出が窮屈で前脚の可動域がいつもより狭い。体はまっすぐ前を向いており、きれいに動けているが、この馬としてはB評価が妥当だろう。

クルーガー 57.0 【B+】

栗東坂路単走。前半は後脚が若干外を回る完歩が見られたが、中盤以降はしっかり。脚元の弾力性は豊富。リラックスした動きから入り、追われてのキビキビした動きも見られた。頭の位置もぶれない。

秋華賞の反省と全着順-2018年10月14日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111アーモンドアイ牝3551:58.5A1
213ミッキーチャーム牝3551:58.7B+5
32カンタービレ牝3551:58.9B3
45サラキア牝3551:59.0B-4
51ラテュロス牝3551:59.0B-13
64ランドネ牝3551:59.1A8
716プリモシーン牝3551:59.1B+6
814ゴージャスランチ牝3551:59.3B10
97ラッキーライラック牝3551:59.3B2
109サトノガーネット牝3551:59.4B15
118トーセンブレス牝3551:59.4A11
126パイオニアバイオ牝3552:00.0B9
1318ダンサール牝3552:00.1B+7
1410オールフォーラヴ牝3552:00.3B12
1515ハーレムライン牝3552:01.0B-17
1612オスカールビー牝3552:01.4B-14
1717サヤカチャン牝3552:02.0B-16
取消3スカーレットカラー牝355B


総評
A評価3頭、B+評価3頭。これら6頭はランドネを除き1週前も高評価で、カンタービレを1週前B+評価していたため、合計7頭がプラス評価になった。頭数は多いものの、1着アーモンドアイは鉄板として2、3着にプラス評価が入ったため、まずまず参考になったかもしれない。

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスの反省と全着順-2018年10月13日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
14ディアドラ牝4561:44.7D1
210リスグラシュー牝4541:44.7A2
32フロンテアクイーン牝5541:44.8B7
46ジュールポレール牝5561:45.0B-4
51クロコスミア牝5551:45.2B6
69カワキタエンカ牝4541:45.2B8
78アドマイヤリード牝5551:45.3B9
87メイズオブオナー牝4541:45.7B-10
911ミスパンテール牝4551:45.9B-5
103ソウルスターリング牝4551:45.9B+3
115キョウワゼノビア牝5541:46.2B11


総評
A評価1頭、B+評価1頭。1番人気ディアドラは追い切り映像が軽い調整のものでD評価になったがコメントで拾えていた。しかしすべてが人気サイドで、3着フロンテアクイーンはB評価。D→A→Bの決着になった。

2018年10月12日

【枠順確定】秋華賞(GI)追い切り評価最終版-2018年10月14日京都芝2000馬齢

1枠1番 ラテュロス 牝3 55.0 秋山【B-】

栗東坂路併せ。終い追ってアタマ差先着した。動きは安定しているが小さくまとまった印象で脚元はスロー。首の可動域もいまいち。【1週前追い評価:B-】

1枠2番 カンタービレ 牝3 55.0 武豊【B】

栗東CW併せの内。カーブで通った馬場の外側から内目へとショートカットし、ラチ一杯をかなり先行した相手と4~5頭分ほどのスペースをあけ並走して直線へ。相手が並びかけてきたが馬なりに抜かせずクビ差先着した。前脚の可動域はいまいちだが抑えた内容で集中力はある。【1週前追い評価:B+】

2枠3番 スカーレットカラー 牝3 55.0 岩田【B】

栗東ポリトラック併せの外。直線1馬身半差追走し、軽く仕掛けてきっちり併入した。動きはまずまず安定しており、体も仕上がった。1週前より状態は上がっている。【1週前追い評価:B-】

【枠順確定】アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)追い切り評価最終版-2018年10月13日 東京芝1800別定

1枠1番 クロコスミア 牝5 55.0 岩田【B】

栗東坂路単走。頭の位置は安定しないが適度な活気と見られるレベル。フォームはある程度の安定性を保っており、リズムが一定なのは良い傾向。脚元はやわらかだが少し軽いか。

2枠2番 フロンテアクイーン 牝5 54.0 蛯名【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。軽い合図で並びかけ、そこで肩ステッキを一発。半馬身先着し、ゴール後前へ出た。少し前さばきは窮屈だが内容は悪くない。

3枠3番 ソウルスターリング 牝4 55.0 北村宏【B+】

美浦W単走。ラチ側を深く入って直線へ。頭は高めだが四肢をやわらかに回転させ、スムースな動きをできている。体もすかっと見せており、頭の高さと首の上下動が改善されればもう一段階良くなりそう。

2018年10月11日

【1週前追い】菊花賞(GI)追い切り評価-2018年10月21日 京都芝3000馬齢

アイトーン 57.0 【B-】

栗東CW単走。馬場の外側を通って直線へ。手前を決めるのに少し時間を要したが、四肢の可動域は十分にあり頭を低く保って駆けられている。前繋がやわらかすぎるのは気がかり。

エタリオウ 57.0 【B】

栗東CW併せの外。カーブから押して動かし、馬場の外側を通り、直線は3馬身差追走。最後は尻ステッキを入れて一杯に追い、ゴール地点では頭程度遅れたがその後も見せムチを使って追い、前に出た。動きは重めだがこの一追いで変わってきそう。脚元は力強い。

エポカドーロ 57.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、並走して直線へ。カーブはキャンターレベルで直線に入ってもしばらく動かさず半馬身差くらいまで下げ、そこで同時に合図。終いだけ追ってアタマ差先着した。トモの丸みはあり、体は仕上がっていそう。本追い切りでびしっと追ってくるだろう。

2018年10月10日

【水曜追い】秋華賞(GI)追い切り評価-2018年10月14日京都芝2000馬齢

アーモンドアイ 55.0 【A】

美浦坂路併せ。相手と2頭分ほどの間隔をあけてクビ差先着した。タイムは抜群だが相手も動いており比較するとそれほどでもないのかもしれない。とはいえ、馬体に幅が出てきて脚元はやわらかかつパワフル。唯一気になったのはカーブからずっと右手前だったことで、それがなければA+評価でもいいほど良く見える。【1週前追い評価:B+】

ウラヌスチャーム 55.0 【C】

美浦坂路3頭併せの内。中にクビ差、外にハナ差遅れた。脚元の力強さが不足しており、頭も高い。【1週前映像なし】

オスカールビー 55.0 【B-】

栗東坂路単走。脚元はまずまずしっかりしているが、首をきれいに上下動できていない。頭が右に出て、顎を右下に動かす。【1週前映像なし】

【水曜追い】アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)追い切り評価-2018年10月13日 東京芝1800別定

アドマイヤリード 55.0 【B】

栗東坂路単走。頭は高めだがキビキビとしたフットワークで地面を強く蹴れている。脚元の回転力は高い。ただ、完全にまっすぐに走れておらず、終い若干脚色は鈍った。

カワキタエンカ 54.0 【B】

栗東坂路単走。右前膝が白く光っているのは何か巻いているのだろうか。前脚の着地ポイントが体の外寄りで見栄えはいまいちだが、脚さばきはやわからで、動きはまずまず。

キョウワゼノビア 54.0 【B】

栗東坂路併せ。合図への反応は良く1馬身半先着した。顎を左に出すため体が傾いているように見えるが体は問題ない。着地ポイントは右寄りで、左回りはプラスに出そう。