スポンサーリンク

ab

2018年7月4日

【水曜追い】プロキオンステークス(GIII)追い切り評価-2018年7月8日中京ダ1400別定

インカンテーション 57.0 【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。馬なりにのんびりと調整し、ゴール付近でさっと動かした程度。軽すぎる内容は気がかりだが、馬は集中しており動きは安定。脚元もしっかり着地できている。

ウインムート 56.0 【B】

栗東坂路単走。ちょこまかと前脚を動かす走法で、それと首の動きが連動するためあまり見栄えはしない。ただ、後脚は動きに派手さはないのだが、飛節のクッションは効いており繋をまっすぐ返して地面をパワフルに蹴れている。

キングズガード 57.0 【B-】

栗東CW併せの外。馬場の外側を深く入り、直線は半馬身差先行。並ばれてがまんさせ、追い出したが反応は鈍くゴール地点ではアタマ差遅れ。その後ようやく加速したように見えたが映像は切れた。人気が予想されるが不安な内容。動きそのものは悪くないのだが。

サイタスリーレッド 57.0 【B】

栗東坂路単走。管が細く非力さはあり、最後は少し疲れてラチ側へ流れたが、追って何とか脚色を保った。前半は好内容。テンポのいいフットワークで軽く地面を蹴ってスイスイと登坂できていた。

スポンサーリンク

サクセスエナジー 58.0 【B】

栗東坂路併せ。相手と2頭分ほどのスペースをあけ、まっすぐに坂を駆け上がり1馬身先着。後ろから行って、並ぶタイミングで相手が体を寄せてきたが全く気にせずまっすぐ駆けられた。頭は高く躍動感には乏しいが、体幹はしっかりしており安定感も十分にある。

ダノングッド 56.0 【A】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。気合い乗り良く、脚元の回転力および四肢の可動域も十分。首から前脚、後脚ときれいに連動する好フォームで弾力性の高い動き。好仕上がり。

ドライヴナイト 56.0 【B+】

栗東CW単走。馬場の外側を通って直線へ。鞍上は長手綱で一切手を動かさず、馬なりながら好タイムをマークした。前脚は伸びやかで、後脚のパワーもまずまず。背中はあまり安定しないのだが頭の位置はぶれず、集中して駆けられている。

ドリームキラリ 56.0 【B】

栗東坂路併せ。映像は一部だけ。初めの位置関係はよく分からないが、1馬身後ろにいる馬と追い比べて1馬身先着した。これだけで評価するのは難しいが、鞍上が頭をまっすぐ前に向けようとしていたことは評価。首の使い方はいまいち。四肢の可動域は広めで着地はパワフル。前半の映像があったとしても、マイナス評価することはまずないだろう。1馬身先着は高評価したいが首の使い方の割引で評価は据え置く。

スポンサーリンク

ブライトライン 56.0 【B】

栗東坂路単走。体は進行方向をまっすぐに向き、前脚と後脚は同一ライン上。リズムも良い。一方、頭は高めで徐々にラチ側へ流れたことは割引。

ブラゾンドゥリス 56.0 【B+】

美浦坂路併せ。追ってほぼ馬なりの相手にクビ差先着した。映像は一部だけでだが、首の角度は良く前脚は伸びやか。後脚もパワフルに地面を蹴れており、プラス評価して問題なさそう。

ルグランフリソン 56.0 【C】

栗東坂路単走。フォームの安定感がまるでなく、1完歩ごとにすべてが変わる。手前も決めきれない印象。

参考ステップレースの結果

フェブラリーS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/02/FebruaryStakesR.html

武蔵野S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/11/MusashinoStakesR.html

根岸S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/01/NegishiStakesR.html

プロキオンS(前年)
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/07/ProcyonStakesR.html

東京大賞典(追い切り短評)
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/gi201712292000.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/