スポンサーリンク

ab

2018年6月13日

【水曜追い】ユニコーンステークス(GIII)追い切り評価-2018年6月17日東京ダ1600別定

イダペガサス 56.0 【B-】

美浦W3頭併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。大きく外を行く馬と中の馬が並んだところで、中の馬の後ろに入れて折り合わせ、すっと内から伸びて半馬身先着した。動きそのものはまずまず悪くない。ただ、ゴールを過ぎるまで手前を替えなかったのは割引。

エピックアン 56.0 【B-】

美浦坂路併せ。前脚と後脚が同一ライン上にあり、走りのバランスは良い。ただ、並びかけてからブレーキを踏むようなシーンが何度か見られ、最後はほぼ併入も若干遅れた。勝負根性に乏しい印象で脚元もまだ非力。

エングローサー 56.0 【B】

栗東坂路単走。頭は高く首をあまり使わない。しかし脚元は躍動感があり、リズム良く伸びやかに駆けられている。

グリム 56.0 【B+】

栗東坂路単走。後脚にバネがあり、推進力が上に逃げない。首の角度も良い。右前肢の使い方が少しぎこちないものの、その欠点は後脚で打ち消せている。

スポンサーリンク

グレートタイム 56.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。軽く促しながら徐々に差を詰め、併入した。操縦性の高そうな馬ではある。ただ、最後まで手前を替えなかった。

コスモロブロイ 56.0 【B-】

美浦ダート3頭併せの内。カーブの走りは見るからに非力で直線3馬身程度追走を始めたときにはそのままズルズル行くのではないかと見ていたが、直線の走りはまずまず。ゴール地点では中に1馬身程度遅れたが、ゴール後並ぶところまでやれた。舌を出していることは割引。

ザイオン 56.0 【C】

美浦W併せの外。馬場の外側を通り、直線は1馬身半差先行。馬なりの相手に追って併入し、ゴール後突き放された。

セイウンクールガイ 56.0 【B】

美浦坂路併せ。相手のことを気にせずに自分のペースでリズム良く駆け、1馬身先着した。前膝のやわらかさに欠けるが全体のバランスは取れている。

スポンサーリンク

ソウルセイバー 56.0 【C】

栗東坂路単走。左手前ではまずまず動けているが、右手前になると体が進行方向より左に出て、着地ポイントも左側になるため左に流れる。左回りは疑問。

タイセイアベニール 56.0 【B】

栗東坂路単走。派手さはないが、まじめに走っている印象。管は細く非力な動きだが、教えられたことを守ってがんばって走れている。好感は持てるのだがプラス評価には届かない。

トキノパイレーツ 56.0 【B+】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。尻ステッキを入れて追う相手に対し、馬なりに並びかけ、軽く気合いをつけて半馬身先着。ゴール後に尻ステッキを入れて突き放した。好調教。

バイラ 56.0 【B+】

栗東坂路単走。この馬は良くなってきそう。現時点では、首を使い切れておらず推進力が上に逃げるが、もう少し成長すればぐっと沈み込むようなフォームになるはず。現時点でも決して悪いわけではなく、プラス評価しておきたい。

スポンサーリンク

ハーベストムーン 56.0 【C】

栗東坂路併せ。頭は高く脚元はバタバタ。シルエットはまずまず整った馬なのだが、前脚の着地ポイントが体の外側にあり、見栄えしない動き。

プロスパラスデイズ 56.0 【B】

栗東坂路単走。淡々と走っている印象で活気はそれほどないが、前脚と後脚が同一ライン上にある好フォーム。首も上図に使えている。

ベストマイウェイ 56.0 【A】

栗東坂路併せ。馬体は古馬のよう。折り合いはきちんとつき、合図への反応も上々。パワフルに抜け出し1馬身先着した。

ミックベンハー 56.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、並走して直線へ。軽く促しながら一本調子な走りで半馬身先着した。首が短く頭が小さいためシルエットは見栄えしないがまずまず動けている。

スポンサーリンク

リョーノテソーロ 56.0 【A】

美浦W単走。馬場の外側を深く入り、直線は2馬身差追走。カーブから活気のある動きで脚元の回転力は豊富。四肢の可動域も十分。反応も良く、鋭く伸びて2馬身以上先着した。

ルヴァンスレーヴ 56.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、並走して直線へ。押したがアタマ差遅れ、ゴール後は促してもズルズル遅れた。動きそのものはそれほど悪くないのだが、見栄えはしない。

ルッジェーロ 56.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を深く入り、直線は1馬身差追走。頭は高めで四肢の可動域は及第点レベル。欠点もなく長所もない動きで、クビ差先着した。

レピアーウィット 56.0 【B-】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中を通り、3頭が並走して直線へ。中の鞍上が何度か見てくれたが追いつけず、ゴール地点でアタマ差遅れ。ゴール後も差を広げられた。

参考ステップレースの結果

NHKマイルC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/05/NHKMileCupR.html

サウジアラビアRC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/10/SaudiArabiaRoyalCupR.html

ファルコンS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/FalconStakesR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/