スポンサーリンク

ab

2018年4月27日

【枠順確定】天皇賞・春(GI)追い切り評価最終版-2018年4月29日京都芝3200定量

1枠1番 ミッキーロケット 牡5 58.0 和田【B+】

栗東坂路併せ。相手と2頭分ほどの間隔をあけて坂に入り、中盤で仕掛け。見せムチも効果的に使って脚を伸ばし、1馬身先着した。若干着地ポイントがぶれる完歩はあるが、それほど気にしないでよさそうなレベルで、集中力は十分。【1週前追い評価:B】

1枠2番 チェスナットコート 牡4 58.0 蛯名【B-】

栗東坂路併せ。活気十分に相手に迫ったが、思ったほど伸びず、馬なりの相手にアタマ差遅れ。途中クビ差まで詰めてから促しても手綱を引っ張り気味の相手に対して4分の3馬身遅れまで再び離され、そこから再び詰めた内容。思惑どおりの動きではなさそうではある。【1週前映像なし】

2枠3番 シホウ 牡7 58.0 浜中【B】

栗東坂路併せ。終始楽な手ごたえで並びかけ、半馬身先着した。安定したリズムを刻めており、リラックスした動きをできている。【1週前追い評価:B-】

2枠4番 カレンミロティック セ10 58.0 池添【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干右。脚元はまずまず力強いが、舌を出していることはマイナス。【1週前追い評価:C-】

スポンサーリンク

3枠5番 ヤマカツライデン 牡6 58.0 松山【B】

栗東坂路単走。馬の多い時間帯で、植え込み側を追った。時計は出ているが、距離の短い植え込み側なのでタイムほどではない。脚元は軽く、力強さはいまいちも、まずまず活気をもって駆けられている。【1週前映像なし】

3枠6番 ガンコ 牡5 58.0 藤岡佑【B+】

栗東坂路単走。右前肢が着地後内向するが、それほど気にしなくてもよさそう。リズム良くきれいな後傾ラップを刻み、楽に坂を駆け上がってきた。仕上がりは良さそう。【1週前追い評価:A】

4枠7番 ピンポン 牡8 58.0 宮崎【B】

美浦W単走。馬場の外側を通って直線へ。まっすぐ前を向いて集中できており、首もある程度使えている。四肢の可動域は及第点レベルにある。【1週前映像なし】

4枠8番 クリンチャー 牡4 58.0 三浦【B-】

栗東坂路単走。前半は進んで行かなかったが、終いにかけて活気は出てきた。ただ、何度か手前を替えるシーンが見られた。【1週前追い評価:B】

スポンサーリンク

5枠9番 ソールインパクト 牡6 58.0 福永【B-】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は半馬身差追走。促しながら併入した。前はやわらかだが後脚の可動域は狭く、小さくまとまった動きになってしまっている。【1週前追い評価:B】

5枠10番 サトノクロニクル 牡4 58.0 川田【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。軽く促しながら追ったが半馬身遅れた。タイムは良い。首ではなく顎を使ってリズムを取っている。【1週前追い評価:B-】

6枠11番 シュヴァルグラン 牡6 58.0 ボウマン【B】

栗東坂路併せ。終いだけ軽く促して1馬身先着した。相手の方を向くシーンも見られ、集中して駆けられている。【1週前追い評価:B-】

6枠12番 レインボーライン 牡5 58.0 岩田【B+】

栗東坂路単走。いつもの植え込み側だが、今回はかなり良い内容。頭は高いもののじっと前を向いており、脚元の動きのぶれも少ない。気合い乗りも良く、いい最終調整になったはず。【1週前追い評価:B】

スポンサーリンク

7枠13番 トウシンモンステラ 牡8 58.0 国分恭【C】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。楽に動けてはいたが、最後に合図しても一切反応せず、そのままゴールした。四肢の可動域は狭い。【1週前追い評価:B-】

7枠14番 アルバート 牡7 58.0 ルメール【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、並走して直線へ。少し遅れかけたが終い促して併入し、その後も並んで長くいい脚を使った。突き放せなかったがタイムはまずまず出ており問題なさそう。動きの安定感もある。【1週前追い評価:B】

8枠15番 トーセンバジル 牡6 58.0 Mデムーロ【B】

栗東芝3頭併せの外。3頭が並んで直線に入り、終い合図を送ると突き放して2馬身先着した。体は太く見えるが、そのぶんパワフルに動けている。四肢の可動域もまずまず。【1週前追い評価:C】

8枠16番 スマートレイアー 牝8 56.0 四位【B】

栗東坂路併せ。終いしっかり伸びて前をとらえ、アタマ差先着した。活気はそれほど感じないが、頭を低く保って首を上手に使えている。脚元は好調時に比べると少し硬いかもしれない。【1週前追い評価:B】

8枠17番 トミケンスラーヴァ 牡8 58.0 秋山【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線はクビ差追走。楽に促しながらアタマ差先着した。四肢の可動域は及第点レベルにあり、体もすかっと見せている。【1週前追い評価:B-】

1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2018/04/TennoShoSpring1W.html

参考ステップレースの結果

大阪杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/04/OsakaHaiR.html

日経賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/NikkeiShoR.html

阪神大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/HanshinDaishotenR.html

京都記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/02/KyotoKinenR.html

有馬記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/ArimaKinenR.html

AJCC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/01/AJCCR.html

ダイヤモンドS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/02/DiamondStakesR.html