スポンサーリンク

ab

2018年4月20日

【枠順確定】サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)追い切り評価最終版-2018年4月22日東京芝2000馬齢

1枠1番 サラキア 牝3 54.0 池添【B】

栗東CW単走。馬場の外側を深く入って直線へ。カーブはのんびり入り、終いだけさっと動かした。四肢の可動域はいまいちだがじっと前を向き集中して駆けられている。

1枠2番 オスカールビー 牝3 54.0 蛯名【-】

映像なし

2枠3番 ウスベニノキミ 牝3 54.0 内田博【B】

栗東坂路単走。ある程度まっすぐ走れているのだが、少しよれる完歩はあった。体は薄く脚元もまだしっかりしていない印象ではあるが、回転力はまずまず。

2枠4番 サトノワルキューレ 牝3 54.0 Mデムーロ【B】

栗東坂路併せ。こぢんまりとした動きだが、頭の位置は安定。フォームも崩れず、まっすぐ伸びて2馬身先着した。

スポンサーリンク

3枠5番 ノーブルカリナン 牝3 54.0 藤岡康【-】

映像なし

3枠6番 ファストライフ 牝3 54.0 大野【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。地面のとらえ方は軽いが、活気はある。フォームの安定性もまずまず。

4枠7番 デュッセルドルフ 牝3 54.0 田辺【B+】

美浦W3頭併せの外。馬場の外目を通り、直線は並ぶ2頭に1馬身差先行。追って中にアタマ差、内にクビ差先着した。ゴール後はさらに追って食い下がる中の相手を抜かせなかった。頭を低く保って力強く動けている。

4枠8番 ラブラブラブ 牝3 54.0 松岡【B-】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線はクビ差追走。持ったまま楽に抜け出し1馬身先着した。ゴール手前でようやく手前を替えるなど、まだ若い面も見せており、発汗も目立つ。

スポンサーリンク

5枠9番 ハイヒール 牝3 54.0 武士沢【B】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントが体の外側にあるためフォームの見栄えはいまいちだが、後脚の蹴り出しの方向性は良く、首もまずまず使えている。

5枠10番 オハナ 牝3 54.0 石橋脩【B+】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線はクビ差追走。仕掛けてハナ差先着した。相手がずっと外を方を向いており、ほぼ併入止まりの内容のため見栄えはしないがタイムはまずまず出ている。集中して駆けられており、脚元もしっかり。悪くない仕上がりだろう。

6枠11番 カーサデルシエロ 牝3 54.0 北村友【-】

映像なし

6枠12番 レッドベルローズ 牝3 54.0 三浦【B】

美浦W併せの外。馬場の外側を通り、直線は半馬身差先行。抑えめに併入し、ゴール後も並ばれたが抜かせなかった。気配はまずまず。

スポンサーリンク

7枠13番 ヴェロニカグレース 牝3 54.0 柴田大【B+】

美浦W3頭併せの内。馬場の外側を通り、3頭が並んで直線へ。楽に抜け出し外にクビ差、中に2馬身先着した。四肢の可動域は広く、トモにもボリューム感がある。

7枠14番 ディアジラソル 牝3 54.0 武藤【B-】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中を通り、3頭が並んで直線へ。ほんの少し促した程度で中外にクビ差先着。ゴール後は並んで駆け、最後ゆるめると2頭が前に出た。全体的にぱっとしない動き。

8枠15番 パイオニアバイオ 牝3 54.0 柴田善【B】

美浦W単走。内に関係ない併せ馬が居て、彼らをペースメーカーに楽に駆けてきた。頭は高いがリラックスした動きをできている。

8枠16番 ノームコア 牝3 54.0 戸崎圭【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。首の確度は良く、四肢の可動域もまずまず。動きのメリハリはそれほどないのだが、集中して脚を伸ばせている。

参考ステップレースの結果

フラワーC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/FlowerCupR.html

クイーンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/02/QueenCupR.html

チューリップ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/TulipShoR.html