スポンサーリンク

ab

2018年4月13日

【枠順確定】アンタレスステークス(GIII)追い切り評価最終版-2018年4月15日阪神ダ1800別定

1枠1番 グレイトパール 牡5 57.0 川田 将雅【B】

栗東CW3頭併せの内。馬場の外側を通り、直線は中と並んで外に2馬身差先行。追ったが中に4分の3馬身遅れた。中の馬は馬なりでこちらは追ったため見栄えは良くないがタイムは良い。適度な荒々しさと活気は見せている。

1枠2番 ナムラアラシ 牡5 56.0 幸 英明【B】

栗東CW単走。ラチ側を深く入って直線へ。かなりラチを頼る走りで、2馬身ほど前に関係ない併せ馬が居たのだが、差は縮まらなかった。ただ、ゴール前鞍上がステッキを抜くと、少しは反応して体の向きはまっすぐになり、そのときの走りはリラックスしたもの。最後の数完歩が良く、評価は据え置きたい。

2枠3番 ディアデルレイ 牡7 56.0 勝浦 正樹【C】

美浦W3頭併せの中。馬場の真ん中外目を通り、直線は内と並んで外を半馬身差追走。追ったが伸びず内外に1馬身遅れた。

2枠4番 メイショウウタゲ 牡7 56.0 北村 友一【C】

栗東坂路単走。首はまずまず使えているが、体は進行方向より右。四肢の可動域も狭めで動きが窮屈に見える。

スポンサーリンク

3枠5番 トップディーヴォ 牡6 56.0 横山 典弘【B-】

栗東坂路併せ。激しく追ったが馬なりの相手にアタマ差遅れた。脚元の回転力はまずまずあるのだが、動きは硬い。

3枠6番 マイティティー 牝6 54.0 岩崎 翼【-】

映像なし

4枠7番 ロンドンタウン 牡5 57.0 松岡 正海【B+】

栗東坂路単走。植え込み側をゆったりと。見た目以上にタイムは出ており、最後に肩ステッキを数発入れ、さらりと流した。体は進行方向をまっすぐ向いており、脚元はやわらか。入れ込みさえなければ好走できるはずで、この追い切りはちょうどいい負荷になっていそう。

4枠8番 アルタイル 牡6 56.0 小崎 綾也【B】

美浦W単走。馬場の外側を深く入って直線へ。少し非力さは感じるが、フォームに安定感はある。四肢の可動域は及第点レベル。

スポンサーリンク

5枠9番 コスモカナディアン 牡5 56.0 丹内 祐次【-】

映像なし

5枠10番 アスカノロマン 牡7 57.0 太宰 啓介【B】

栗東CW単走。馬場の外側を通って直線へ。軽い内容だが体幹はしっかり。左前肢を長く空中に保ってその着地を起点にきれいなリズムで駆けられている。後脚の蹴りはまずまずで、体もすかっと見せている。

6枠11番 メイショウスミトモ 牡7 58.0 古川 吉洋【C】

栗東坂路併せ。相手の方に馬体を寄せて行ったが、体は相手の居ない右を向き、食い下がって行かない。ステッキを入れたが伸びず1馬身遅れた。

6枠12番 ユラノト 牡4 56.0 藤岡 康太【A】

栗東CW併せの外。馬場の外目を通り、直線は半馬身差追走。アタマ差遅れた。とはいえ相手は皐月賞出走のタイムフライヤーで、タイムは破格。最後まで食い下がれており、ゴール後も何とかとらえようと意欲十分。体はふっくら見せており、活気もあるため高評価したい。

スポンサーリンク

7枠13番 クインズサターン 牡5 56.0 四位 洋文【B】

栗東坂路単走。体は進行方向をまっすぐに向いており、脚元の回転力はまずまず。一方、首の上下動幅が狭く、そのぶん脚元をゆったり大きく動かせていないことは割引。

7枠14番 モンドインテロ 牡6 56.0 池添 謙一【B】

美浦W単走。馬場の外側を深く入って直線へ。タイムはいまいちだが首の確度は良く、鞍上の指示にこたえてまじめに駆けられている。四肢の可動域は及第点レベル。

8枠15番 ミツバ 牡6 57.0 松山 弘平【B-】

栗東坂路併せ。とはいえ相手に寄られても全く動じなかったことは評価するが、ある程度促したにしてはタイムが出ておらずアタマ差遅れた。

8枠16番 マイネルバサラ 牡5 58.0 松若 風馬【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中を通って直線へ。集中力が高く、じっと前を向き首を上手に使って伸びやかに駆けられた。

参考ステップレースの結果

東海S
http://jp-horse-breaking.blogspot.co.uk/2018/01/TokaiStakesR.html

マーチS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/03/MarchStakesR.html

平安S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/05/HeianStakesR.html

みやこS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/11/MiyakoStakesR.html

シリウスS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/10/SiriusStakesR.html

フェブラリーS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/02/FebruaryStakesR.html