スポンサーリンク

ab

2018年3月7日

【水曜追い】ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)追い切り評価-2018年3月10日中山芝1800ハンデ

エテルナミノル 56.0 【A】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。直線を向いたときに少し躓くような動きになったが、そこはまだのんびり駆けさせていたのでそれほど問題はなさそう。終いの伸びはすばらしく、大きなストライドで鋭く伸びられた。体もふっくら見せている。

エンジェルフェイス 54.0 【B】

栗東芝3頭併せなのか単走なのか。前を行く2頭の2馬身ほど後ろで折り合っていたが、直線でもそのままのペースでじっくりと。前には離された。脚元は力強く、気合い乗りも良い。フォームを固めているような不思議な内容。

オートクレール 53.0 【B】

美浦W単走。ラチ側を深く入って直線へ。頭は高めだが四肢の可動域はまずまずあり、キビキビと動けている。

カワキタエンカ 53.0 【B-】

栗東坂路単走。体はまっすぐ向いているが首が右に出る。前脚の着地ポイントは若干外で、脚元の動きはスロー。

スポンサーリンク

ゲッカコウ 54.0 【B-】

美浦W単走。馬場の外目を通って直線へ。頭は高く四肢の可動域もいまいち。首はまずまず使えており、リズムは悪くないが。

シャルール 54.0 【B+】

栗東坂路単走。スムースな着地からの蹴り出しで、安定したリズムで気分良さそうに坂をまっすぐ駆け上がってきた。推進力も前を向いている。

トーセンビクトリー 56.0 【B】

栗東CW3頭併せの内。馬場の外目を通り、3頭がほぼ並走して直線へ。中と併せて抜け、最後に尻ステッキを2発入れて併入し。外には1馬身先着した。内容から半馬身くらいは先着してほしかったが、タイムは十分に出ており問題なさそう。馬に活気もある。

ノットフォーマル 52.0 【B】

美浦W単走。馬場の外目を通って直線へ。鞍上がかなり手綱を短く持っているため、首の動きが窮屈に見える。動きは悪くなく、ステッキもかなり入れて負荷はかけた。

スポンサーリンク

バンゴール 53.0 【B+】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線は半馬身差追走。すっと並ぶとそこで折り合い、そのまま併入。ゴール後相手が強めに動かしても前へ出させなかった。首の角度は良く、気合い乗りも十分。

ヒストリア 51.0 【B】

美浦坂路併せ。クビ差先着した。前脚はペタペタと着地する印象だが、首は上手に使えるようになってきた。動きはそれほど目立たないが、悪くはない。どうでもいいことだが、この馬は顔がかわいい。軽ハンデを生かしてがんばってほしい。

ブラックオニキス 53.0 【A】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は相手と5頭分ほどの間隔をあけたので実質単走。内を通ったとはいえ3馬身以上先着した。首の角度は良く、四肢の可動域は広い。合図からの反応も速く、体もシャープ。状態はかなり良さそう。

フロンテアクイーン 54.0 【B+】

美浦W併せの外。馬場の外側を深く入り、直線はクビ差先行。軽く促したが同程度に追われた相手に半馬身遅れた。内容から見栄えはしないが、首の角度は良く、動きはやわらか。体もふっくら見せており、評価はプラスとしたい。

スポンサーリンク

マキシマムドパリ 56.0 【B-】

栗東坂路単走。前脚の着地タイミングが近く、脚元はバタバタした印象。推進力も上に逃げ、背中が安定しない。タイムはまずまず出ているが。

レイホーロマンス 52.0 【B-】

栗東坂路単走。気分良さそうに駆けられているが、頭は高く脚元は非力。

ワンブレスアウェイ 54.0 【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の外目を通り、直線は2馬身差追走。ほぼ馬なりに1馬身遅れ、ゴール後前へ出るところまでやった。後脚の力強さは十分。首を激しく動かしすぎている印象で、もう少しスムースに動ければさらに伸びそうなのだが。とはいえ活気は十分にある。

参考ステップレースの結果

愛知杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/01/AichiHaiR.html

京都牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/02/KyotoHimbaStakesR.html

秋華賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/10/ShukaShoR.html

AJCC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2018/01/AJCCR.html

ターコイズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/TurquoiseStakesR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/