スポンサーリンク

ab

2018年3月14日

【水曜追い】フラワーカップ(GIII)追い切り評価-2018年3月17日中山芝1800別定

インヴィジブルワン 54.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は半馬身差追走。楽な手ごたえで併入した。タイムも良い。首の使い方はまだまだだが、ストライド走法で気分良さそうに駆けられている。

ウスベニノキミ 54.0 【C】

栗東坂路単走。右手前のときは左前肢を大きく外に出して一直線に内へ蹴り、左手前になるとバランスは取れるが着地タイミングがかなり近くなる。

オスカールビー 54.0 【B】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干右で、動きのバランスに荒削りなところは残るが、やわらかさを十分に感じられる動き。手ごたえも楽で、集中して駆けられている。

カラリエーヴァ 54.0 【B-】

美浦W併せの外。馬場の外側を深く入り、直線は1馬身差先行。頭は高いが鞍上が手綱を引っ張っていたためで問題はなさそうなのだが、折り合いがつかなかったと見ることもできる。発汗も目立つ。

スポンサーリンク

カンタービレ 54.0 【B-】

栗東坂路単走。小さな馬が懸命に走っていることに好感は持てるのだが評価は難しい。体の向きはまっすぐで動きのバランスも良いのだが、馬体重以上に体を小さく見せているのは気がかり。

キープシークレット 54.0 【C】

栗東坂路併せ。クビ差先着したが、脚元がスロー。力強さもそれほど感じられない。

トーセンブレス 54.0 【B+】

美浦W併せの外。馬場の外側を通り、直線は半馬身差先行。軽く促しながらアタマ差先着した。派手さはないが、まとまった動きで集中できており、気配は良好。

ノーブルカリナン 54.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線は半馬身差追走。終い軽く仕掛けてアタマ差先着し、その後も抜かせなかった。飛節のクッションも効いており、キビキビとした動きをできている。

スポンサーリンク

ノームコア 54.0 【B+】

美浦W併せの内。馬場の外側を深く入り、直線はクビ差追走。激しく追う相手の内で持ったままピタリと折り合い、わずかに遅れたがほぼ併入。ゴール後も並んでじっと並走した。手前の替え方はスムースで、体幹もしっかり。操縦性も高そう。

バケットリスト 54.0 【C】

美浦ポリトラック併せの内。直線1馬身差追走し、追ったがアタマ差遅れ、その後は引き離された。これでは。

ファストライフ 54.0 【B】

美浦W単走。馬場の真ん中内目を通って直線へ。体は太く見えるが四肢の可動域は十分。気分良さそうに駆けられている。

メサルティム 54.0 【B】

栗東坂路単走。軽快でリズムの良い動き。現時点では動きの連動性がそこまでなめらかではないのだが、将来性は高そう。ただ、関節のやわらかさは十分にあり、ここでも勝負になるかもしれない。

スポンサーリンク

モルフェオルフェ 54.0 【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。弾力性のあるいい動きをできている。活気は十分で、体幹も安定。手前を替えるのに時間はかかったが、左手前を決めてからの動きはさらに良くなった。

ロックディスタウン 55.0 【A】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は3馬身差追走。グイグイ伸びてゴール地点で半馬身先着。その後突き抜けた。このメンバーでは排気量が違う印象で、評価は文句なくAだろう。若干気になるのは前脚の動きが前走時より少し窮屈なことくらいか。

参考ステップレースの結果

阪神JF
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/HanshinJuvenileFilliesR.html

札幌2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/09/SapporoNisaiStakesR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/