スポンサーリンク

ab

2018年2月28日

【水曜追い】報知杯弥生賞(GII)追い切り評価-2018年3月4日中山芝2000馬齢

アサクサスポット 56.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。若干遅れて並走し、ゴール地点できっちりとらえ併入。その後クビ差程度のリードを保って駆けた。発汗は目立ち、尾を振るシーンも見られたが、体幹はしっかりしている。前脚の動きも良い。一方、後脚はパワー不足で、頭は高め。

オブセッション 56.0 【B】

美浦W併せの外。目の前を行かせた馬を追いかけ、馬場の外目を通り、直線すっと外に出して並びかけクビ差遅れ。その後前に出るところまでやった。終始舌を出していることは割引で、頭は高めだが手ごたえは楽。リラックスした動きをできている。

サンリヴァル 56.0 【B-】

栗東CW併せの内。5馬身ほど前を行かせた馬を追走し、カーブをショートカットして直線2馬身差追走。ほぼ持ったままで併入した。タイムは優秀。ただし、ショートカットしており、内目を通っているわけではないとはいえ多少の割引は必要。前脚の動きがぎこちないことは気がかり。

スポンサーリンク

ジャンダルム 56.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側を深く入り、直線は半馬身差追走。ほぼ持ったまま1馬身先着した。四肢の可動域は狭めだがピッチ走法なのでそれほど問題はなさそう。脚元は軽やかで、やわらかに地面を蹴れている。

ダノンプレミアム 56.0 【A】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。最後の1Fからゴール後の伸びがすばらしい。それだけで十分にA評価できる。カーブはのんびり走っていたが、距離さえ保てばここでは力が違いそう。

トラストケンシン 56.0 【B-】

美浦坂路3頭併せの内。中に半馬身先着した。タイムは出ているが、前脚をペタペタと着地させるなど、脚元はバタバタとした印象。

スポンサーリンク

ヘヴィータンク 56.0 【C-】

栗東CW併せの外。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。カーブから動きのバランスがおかしく、直線入り口ではつんのめるような動きも。道中手前を替えるなど、調整としてもひどい内容。未出走馬の弥生賞挑戦で面白そうな存在なのかなと楽しみにしていたのだが、この動きではとても評価できない。

リビーリング 56.0 【B】

美浦W併せの内。ラチ側を深く入り、直線は1馬身差追走。すっと並びかけると折り合ってアタマ差追走し、併入した。線が細く非力な印象を受けるが、操縦性は高そう。

ワグネリアン 56.0 【B】

栗東坂路単走。体の向きは進行方向をまっすぐ。終い手前を替えたがそれでもぶれなかったことは評価したい。活気はそれほどないのだが、淡々とまじめに駆けられている。

参考ステップレースの結果

朝日杯FS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/12/AsahiHaiFuturityStakesR.html

ホープフルS
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/12/HopefulStakesR.html

東スポ杯2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/11/TokyoSportsHaiNisaiStakesR.html

サウジアラビアRC
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/10/SaudiArabiaRoyalCupR.html

デイリー杯2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/11/DailyHaiNisaiStakesR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/