スポンサーリンク

ab

2018年2月7日

【水曜追い】共同通信杯(GIII)追い切り評価-2018年2月11日東京芝1800別定

アメリカンワールド 56.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線は3馬身差追走。直線伸びて1馬身先着した。動きはやわらかで四肢の可動域もまずまず。推進力が若干上に逃げるところはあるが、体幹はしっかりしている。

エイムアンドエンド 56.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、相手と2頭分ほどの間隔をあけ、直線は半馬身差追走。並んでハードに追い、なんとかアタマ差先着した。直線を向くまでは活気のある動きを見せていたが、手前を替えてからの伸びがいまいち。

オウケンムーン 56.0 【B】

美浦W3頭併せの中。馬場の外目を通り、直線は内に半馬身、外に1馬身差先行。鞍上は主に内を気にしながら馬なりに駆けさせ、そのままの着差でゴールした。体は少し細いかもしれないが、四肢の可動域はまずまず。相手のためにやったような内容は気がかりではある。

カフジバンガード 56.0 【B】

栗東坂路単走なのか3頭併せの中なのか。僚馬2頭を左右1馬身後ろに従え、馬なりの調整。右側に居た馬が脚を伸ばしてきて若干遅れた。頭は高く首をきれいに上下動できていない完歩が見られた。とはいえ内容は軽く、マイナス評価するほど悪い動きではない。

スポンサーリンク

グレイル 57.0 【B+】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は半馬身差追走。相手を気にせず伸びて3馬身程度先着した。四肢の可動域は及第点レベルにあり、回転は美しい。ストライド走法で派手さはないが、見た目以上にタイムは出ている。

コスモイグナーツ 56.0 【B-】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。前後のバランスがいまいちで、前駆が突っ張ったような動きになっている。四肢の可動域はまずまずあるのだが。

ゴーフォザサミット 56.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を深く入り、直線は1馬身差追走。軽く促しながらすっと伸び、アタマ差以内の遅れで併入し、ゴール後も並んで長く気分良さそうに駆けられた。動きに少し硬さは見られるが後脚はまっすぐ蹴れており、まずまずの内容。

ジャックローズ 56.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は2馬身差追走。直線仕掛けると内にササった。そこから立て直して再び2馬身差追走。ゴール地点ではさすがに遅れたが、おそらく仮想的にゴールに見立てた地点ではアタマ差先着するという派手な追い切りになった。荒削りな内容だが潜在能力は高そう。この内容はプラス評価にもマイナス評価にもできるものでA評価する人も中に居そう。とはいえ、ここでは差し引きゼロとして評価は据え置く。当日馬具を工夫してくるかもしれない。軸にするにはギャンブル性が高そうだが、勝っても不思議でなない。

スポンサーリンク

ステイフーリッシュ 56.0 【B】

栗東坂路単走。右手前のときに先に着地する左前肢の動きが気がかり。着地の力強さがなく、着地後内向する。総じて右が左より力強く、アンバランスさはあるのだが、最後に手前を替え、その際の動きはまずまず良くなった。体は進行方向をまっすぐ向いている。

トッカータ 56.0 【B-】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。鞍上とコンタクトを取れていない印象で、騎手が乗ると変わるのかもしれないが、動きは一息。手前を決めるのに時間もかかった。

ブラゾンダムール 56.0 【C】

栗東CW併せの内。馬場の外側を深く入り、直線は1馬身差先行。相手が追いついてきたところで軽く合図し、すっと抜けて1馬身先着した。内容は良いのだが動きはいまいちで、前脚が伸びやかに出てこず、後脚の蹴りもそれほど迫力を感じられない。

参考ステップレースの結果

京成杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2018/01/KeiseiHaiR.html

シンザン記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2018/01/ShinzanKinenR.html

京都2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/11/RadioNikkeiHaiKyotoNisaiStakesR.html

ホープフルS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/12/HopefulStakesR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/