スポンサーリンク

ab

2018年1月19日

【枠順確定】東海テレビ杯東海ステークス(GII)追い切り評価最終版-2018年1月21日中京ダ1800別定

1枠1番 ローズプリンスダム 牡4 55.0 木幡 巧也【B】

美浦坂路併せ。タイムはまずまずで4分の3馬身先着した。四肢の可動域は及第点レベルで、頭は高いものの、体はまっすぐ前を向き、推進力は上に逃げない。

1枠2番 シャイニービーム 牡6 56.0 中谷 雄太【C】

栗東坂路単走。軽く促しながらではあるが、頭は高く四肢の可動域は狭い。トボトボと走っているような印象。発汗も多い。

2枠3番 モルトベーネ 牡6 56.0 秋山 真一郎【B】

栗東坂路単走。淡々と駆けてきた印象。後脚の蹴り出しはまっすぐ後ろでそれが安定感につながっているのだが、頭は高め。その他はすべての動きが平均点に近い。

2枠4番 サルサディオーネ 牝4 53.0 丸山 元気【C】

栗東坂路単走。この馬の追い切りはいつもすばらしい。体はまっすぐ前を向き、前膝から繋をやわらかに連動させ、さらにその動きと連動する後脚。お手本のような動きを見せてくれる。通じる人は少ないかもしれないが、ナムラビクターの全盛期を縦に伸ばしたようだ。今回も前半は良かった。しかし後半、合図で少し左によれると疲れたのかフォームが崩れ、脚色も鈍ってしまった。

スポンサーリンク

3枠5番 サンマルデューク 牡9 56.0 岡田 祥嗣【B-】

美浦坂路併せ。軽い合図は送ったが、それほど反応しなかったのは割引。リラックスして走れてはいるが、活気はそれほど感じられない。相手とはずっと馬体を合わせており、そのまま併入した。

3枠6番 コスモカナディアン 牡5 56.0 丹内 祐次【-】

映像なし

4枠7番 タガノエスプレッソ 牡6 56.0 北村 友一【B】

栗東CW単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。肩が少し硬く前脚の可動域はいまいちだが、後脚の弾力性はまずまず。頭は低く保ち、首を使って駆けられている。身体は太いかもしれないので当日馬体重には注意したい。

4枠8番 テイエムジンソク 牡6 56.0 古川 吉洋【B+】

栗東CW単走。馬場の外側を深く入って直線へ。少しでも前で地面をつかもうとするフォームで、首の使い方を柔軟に切り替えることで前脚の制動力を最小限にとどめるような動きをする。じっと前を向いて軸がぶれないことは評価対象。これまで見てきた調教とは違う動きだが、それがレースに行ってどう出るかはわからない。なお、これまではカーブで飛ばして直線は流すことが多かった。今回カーブの動きはもやでよく見えなかった。

スポンサーリンク

5枠9番 ディアデルレイ 牡7 56.0 勝浦 正樹【B】

美浦CW3頭併せの外。馬場の真ん中外目を通り、3頭がほぼ並走して直線へ。楽な手ごたえの内の馬に対し、追って併入。中には半馬身先着した。ゴール後内2頭を突き放せており、それほど問題はなさそうだが、気になるのは少し動きが重いこと。力強くはあるのだが、この一追いで絞れれば。

5枠10番 オールマンリバー 牡6 56.0 藤岡 康太【B】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントは手前がどちらでも近い。脚元は軽く地面を蹴れており、リラックスして賭けられている。身体の向きはまっすぐ。

6枠11番 アスカノロマン 牡7 56.0 太宰 啓介【B-】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。馬なりの内容にしてはタイムはまずまず。フォームはまずまず安定しており楽に動けてはいるが、頭の位置が完歩ごとにぶれる。力強さもいまいち。

6枠12番 ドラゴンバローズ 牡6 56.0 和田 竜二【B】

栗東坂路単走。鞍上はラチ側から見せムチを使い続け、最後までまじめに駆けさせた。まっすぐに走れていることは良く、終い少しタイムは落ちているが手前を替えたせいもあるだろう。右手前のときの方が伸びが良く、左回りは合いそうだ。

スポンサーリンク

7枠13番 サングラス 牡7 56.0 酒井 学【-】

映像なし

7枠14番 ゴールデンバローズ 牡6 56.0 松山 弘平【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は半馬身差追走。折り合い重視の内容で、終い仕掛けてきっちり併入した。終いのキレは思ったほどではなかったが、おそらく想定どおりの内容は消化できていそう。動きもパワフルだ。

8枠15番 クインズサターン 牡5 56.0 池添 謙一【B-】

栗東CW3頭併せの中。馬場の外目を通り、直線は外と並走、内に1馬身差先行。内に並ばれてから追い出したものの、内外に半馬身遅れた。タイムはまずまず出ているが、印象は良くない。

8枠16番 ショウナンアポロン 牡8 56.0 丸田 恭介【-】

映像なし

参考ステップレースの結果

チャンピオンズC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/12/ChampionsCupR.html

みやこS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/11/MiyakoStakesR.html

武蔵野S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/11/MusashinoStakesR.html

シリウスS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/SiriusStakesR.html

エルムS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/08/ElmStakesR.html

東京大賞典(追い切り短評)
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/12/gi201712292000.html