スポンサーリンク

ab

2018年1月10日

【水曜追い】愛知杯(GIII)追い切り評価-2018年1月13日中京芝2000ハンデ

アンドリエッテ 52.0 【B】

栗東坂路単走。頭の位置はぶれず、リズム良く上下動もできている。後脚が流れる完歩は見られ、推進力は若干上に逃げるとはいえ、気配も良く集中して駆けられている。軽ハンデは魅力。

オートクレール 53.0 【B】

美浦W単走。ラチ側を深く入って直線へ。頭は高めで四肢の可動域は及第点レベルだが、首はまずまず使えており、気分良さそうに駆けられている。

キンショーユキヒメ 53.0 【B】

栗東CW単走。馬場の外側を深く入って直線へ。直線を向いてから首を上下に動かさず、回すように動かすようになったが、終われてからはしっかり。全身をきれいに連動させたフォームになった。脚元もしっかりしている。芦毛なので丸みなのか太めなのか難しいのだが、少し太いかもしれない。当日馬体重には注意したい。

ゲッカコウ 54.0 【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。素軽い脚運びでスムースに駆けられた。鞍上がステッキを抜く前に少し行きたがるシーンが見られ、ステッキを抜いてからはまじめに駆けられた。結局ステッキは使わず、馬なりにリラックスした動きのままフィニッシュした。

スポンサーリンク

コパノマリーン 51.0 【B-】

美浦ダート単走。押しても頭は高く、前脚もペタペタと着地するが、後脚はまずまず力強く動けている。

シャルール 54.0 【B+】

栗東坂路単走。体は進行方向をまっすぐに向き、脚元の回転力は十分。フォームの安定性が高く、ぶれのほとんどない動きで最後までしっかり脚を使えた。

ハッピーユニバンス 52.0 【C】

栗東坂路単走。脚元がバタバタ。前脚が体より外目に着地し、着地ポイントもぶれる。タイムはそこそこ出ているとはいえ、この動きでは厳しそう。

ブラックオニキス 52.0 【B-】

美浦W単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。ラチを見ながらカーブし、直線でもしばらく前を向かず。追ってある程度まともに走ったが、ゴール地点で手前を替えるなどあまり集中できていない印象。動きそのものは悪くないのだが。

スポンサーリンク

マキシマムドパリ 56.0 【B】

栗東坂路単走。前半はキャンター。そのまま馬なりに坂を上らせ、終いだけ少しまともなフォームになった。内容からプラス評価はしづらいが、前膝から繋にかけてのやわらかさは認められ、後脚の動きもぶれずしっかり地面をつかめている。注意しておきたい。

メイズオブオナー 50.0 【A】

栗東CW併せの内。カーブから積極的な走りで馬場の外側を深く入り、直線は1馬身差追走。すっと並ぶとじっと折り合い、そのままゴールした。タイムは出ており、併入はおそらく予定どおり。高評価したい。ハンデも魅力だ。

リカビトス 51.0 【B】

美浦坂路併せ。体は進行方向より若干右で、終い少しふわっとした完歩がありアタマ差遅れた。脚元はまずまずやわらかに使えている。

ロッカフラベイビー 53.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線はクビ差追走。鞍上は手綱を引っ張り気味で楽に伸びた相手に離され1馬身遅れた。ゴール後軽く促し並ぶところまではやったが、相手のためにやったような内容はどうか。

スポンサーリンク

ワンブレスアウェイ 54.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。終い脚を伸ばしてアタマ差先着。ゴール後も均等なペースで伸び、リードを保った。首の使い方はぎこちないのだが、後脚の可動域が広く、やわらかに蹴れている。

参考ステップレースの結果

秋華賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/ShukaShoR.html

ターコイズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/12/TurquoiseStakesR.html

府中牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/10/FuchuHimbaStakesR.html

中日新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/12/ChunichiShimbunHaiR.html

エリザベス女王杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/11/QueenElizabethIICupR.html

JBCレディスクラシック(追い切り短評)
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2017/11/jbcjpni20171131800.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/