スポンサーリンク

ab

2017年10月5日

【水曜追い】毎日王冠(GII)追い切り評価-2017年10月8日東京芝1800別定

アストラエンブレム 56.0 【B】

美浦W3頭併せの中。内の馬はずっと遅れたままで実質2頭併せ。舌を出したまま走る外の相手と並走して直線に入り、じっと折り合いそのまま併入した。動きの見えにくい角度だが、まずまず動けてはいそう。後脚の蹴りは安定している。

ウインブライト 55.0 【B+】

美浦W併せの内。直線ですっと抜け出し1馬身半先着。四肢の可動域は十分にあり、やわらかに動けている。体は少し太く見えるが背中は安定している。

グレーターロンドン 56.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は半馬身差追走。軽く促して併入した。前脚の動きに硬さはあるが、まずまず安定して動けている。

サトノアラジン 58.0 【B+】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、目の前を行かせた馬を直線は2馬身差追走。並ぶ間もなく交わして1馬身先着した。四肢の可動域は十分で、体もすかっと仕上がっている。





ソウルスターリング 53.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通って直線は1馬身差追走。ゴール地点では半馬身遅れもその後並ぶところまでやった。折り合いはついており、頭を低く保ちながら折り合いもついて駆けられている。トモに適度な丸みがあり、飛節から繋にかけての動きがやわらかだ。

ダイワキャグニー 54.0 【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を伸びやかに駆けてきた。手前を決めてからの伸びは良く、四肢の可動域は十分で回転力もある。

ヒストリカル 56.0 【B-】

栗東坂路併せ。前半は後脚が着地後外を回っていたが、追ってからはしっかり。しかし終い伸びずクビ差遅れた。

マカヒキ 57.0 【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を馬なりに。見た目以上にタイムは出ている。ただ、四肢の可動域は及第点レベルで、余裕をかなり持たせた仕上げだろう。この状態でどこまでやれるか。





マッチレスヒーロー 56.0 【C】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は半馬身差追走。動きが重く、追ってようやく併入した。四肢の可動域はいまいちで、トップスピードに持って行けない印象。

ヤングマンパワー 56.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線はアタマ差追走。すっと前に出て4分の3馬身先着し、その後もリードを広げた。ただ、頭の高い走法で四肢の可動域は及第点レベルに不足している。

リアルスティール 57.0 【B-】

栗東坂路併せ。抜け出して2馬身半程度先着したが、好調時に比べると前膝が硬く、四肢の可動域もいまいち。体がまっすぐに向いていることだけは良い。

ワンアンドオンリー 57.0 【B+】

栗東坂路単走。頭は高くそれだけで割引なのだが、首はある程度使えており脚元はしっかり。四肢の可動域も十分にある。毛ヅヤも良い。復活してほしい。

参考ステップレースの結果

新潟記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/09/NiigataKinenR.html

日本ダービー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/DerbyR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/06/YasudaKinenR.html

オークス
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/OaksR.html

エプソムC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/06/EpsomCupR.html

大阪杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/04/OsakaHaiR.html

関屋記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/08/SekiyaKinenR.html

中山記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/NakayamaKinenR.html

中京記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/07/ChukyoKinenR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/