スポンサーリンク

ab

2017年9月16日

【枠順確定】朝日杯セントライト記念(GII)追い切り評価最終版-2017年9月18日中山芝2200馬齢

1枠1番 サンシロウ 牡3 56.0 柴田善【C】

美浦W単走。四肢の可動域は及第点レベルにあるが迫力不足。ゴール後軽めの尻ステッキを入れたがそれほど伸びなかった。

2枠2番 サトノクロニクル 牡3 56.0 Mデムーロ【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通って直線1馬身差追走し、相手が何度も振り返って待ってくれたものの持ったまま1馬身遅れた。ゴール後も追わず、差を広げられた。タイムはそこそこ出ているが印象は良くない。

2枠3番 ブラックロード 牡3 56.0 御神本【-】

映像なし

3枠4番 クリンチャー 牡3 56.0 藤岡佑【B+】

栗東CW単走。前脚を高く上げて叩きつけるようなフォーム。首も使えているため、背中の安定性に劣るように見えてしまうが気にしなくてよさそう。馬場の外目を通り、全体のタイムをまとめた。体は少しゆるめだが、最後に尻ステッキも入れており、これで絞れてきそう。

3枠5番 ミッキースワロー 牡3 56.0 横山典【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は半馬身差追走。一杯に追って4分の3馬身先着した。体はゆるく、当日の馬体重には注意したい。頭が高いのは割引だが、脚元は大きく動けている。





4枠6番 サーレンブラント 牡3 56.0 岩田【B】

美浦W併せの内。繋はゆるめでペタペタとした着地。手前を替えず併入したが、ゴール付近で手前を替えるとすっと伸びて相手を突き放した。

4枠7番 アルアイン 牡3 56.0 ルメール【A】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、大きく前を行かせた馬を直線1馬身差追走。前脚をやわらかに使う走り方はそのままに、一夏超えてパワーもついてきた印象で、すっと抜け出し1馬身先着した。

5枠8番 ブラックギムレット 牡3 56.0 大野【C】

美浦W単走。馬場の内目から真ん中あたりに持ち出したため、タイムほどではない。四肢の可動域は及第点レベルにあるが、線が細く非力な印象。

5枠9番 プラチナヴォイス 牡3 56.0 内田博【B-】

栗東CW併せの外。首を上手に使えずバタバタした走り。カーブでかなり外へとコースロスしたが、相手が止まったのか直線ですぐに前へ出るとそのまま一人旅。実質単走で、おそらく予定どおりではない。前脚はきちんと前へ出ているが、走りは荒々しすぎる印象。

6枠10番 サンデームーティエ 牡3 56.0 吉田豊【B】

美浦W単走。脚元の力強さは不足しているが、素軽さは感じられ、回転力もそれなりにある。タイムは出ていないがゴール後の走りはまずまずで、マイナス評価はしづらい。

6枠11番 インペリアルフィズ 牡3 56.0 田辺【B-】

美浦坂路単走。馬場の内目から坂に入ったことを考えれば、タイムは平凡。脚元のバタバタしており、首を使えていない。





7枠12番 ローリングタワー 牡3 56.0 三浦【B-】

美浦ダート単走。首の使い方がぎこちなく、推進力が上に逃げる完歩が見られる。直線はある程度まともに走ったが。

7枠13番 ストロングレヴィル 牡3 56.0 石橋脩【B】

美浦W併せの外。カーブから激しく競り合いながら馬体を合せて直線に入り、若干遅れたものの併入した。発汗はかなり目立つが、勝負根性を感じられるため評価は据え置く。

8枠14番 クレッシェンドラヴ 牡3 56.0 戸崎圭【-】

映像なし

8枠15番 スティッフェリオ 牡3 56.0 北村友【B】

栗東坂路併せ。前駆は良い。頭の位置と首の上下動は安定し、前脚もきれいに回転できている。一方、後脚は非力で外を回して着地する。最後までまっすぐに駆け、終い伸びて1馬身先着したことは評価したい。

参考ステップレースの結果

日本ダービー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/DerbyR.html

皐月賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/04/SatsukiShoR.html

ラジオNIKKEI賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/07/RadioNikkeiShoR.html

NHKマイルC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/NHKMileCupR.html

レパードS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/08/LeopardStakesR.html