スポンサーリンク

ab

2017年5月24日

優駿牝馬(オークス)の反省と全着順-2017年5月21日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
12ソウルスターリング牝3552:24.1B+1
21モズカッチャン牝3552:24.4B+6
316アドマイヤミヤビ牝3552:24.8B2
47ディアドラ牝3552:24.8B9
514リスグラシュー牝3552:24.9A3
63フローレスマジック牝3552:25.0B5
712ブラックオニキス牝3552:25.4B17
818マナローラ牝3552:25.6B-16
910ブラックスビーチ牝3552:25.6B-8
104ミスパンテール牝3552:25.7B11
1117カリビアンゴールド牝3552:25.8C14
125モーヴサファイア牝3552:26.0B+13
1313レーヌミノル牝3552:26.2B4
146ハローユニコーン牝3552:26.4C12
1511レッドコルディス牝3552:26.5B15
168ホウオウパフューム牝3552:26.7B7
179ディーパワンサ牝3552:26.8B-18
1815ヤマカツグレース牝3552:27.9A10


総評
A評価2頭、B+評価3頭。このレースは2週連続プラス評価が多く、1週前A評価のモズカッチャン、B+評価のソウルスターリングとヤマカツグレースがそれに該当する。1週前B+評価のブラックオニキスを加え、6頭がプラス評価になった。結果は2週連続プラス組が1,2着に来たので、まずまず参考になったかもしれない。





パドック
パドックを見る前はリスグラシューを軸に考えていたのだが、見て評価を変えた。何の先入観も持たずに見ていたら黙って消していたレベルで、トモが寂しい。いままでに見た彼女の中で最悪だった。最も良く見えたのはレーヌミノルで、こちらは距離不安で消す方向だったが押さえた。4着のディアドラはB+に近いB評価で注目していた上に、中1週で+2キロで出てきた。発汗が気になってコメントしなかったが4着。先々走ってきそうだ。
ポイント
レッドコルディスが伸び上がるようにして出遅れ。リスグラシューも1完歩目を右に出てしまい後ろから。ソウルスターリングは好スタートを切り、外からフローレスマジックがかぶせてスタンド前で先頭に。ミスパンテールが外を2番手で進み、ソウルスターリングは折り合い3番手から。モズカッチャンは前走同様、最内の経済コースでソウルスターリングをマーク。逃げると目されていたヤマカツグレースは内の経済コースを取らず、カーブでもずっと外を回して前を見る位置。横山典騎手はNHKマイルCの余韻に浸っていたようだがオークスはコーナーが4つある。大きなコースロスになった。ペースはゆったり。向こう正面で馬群は詰まり、フローレスマジックに競りかける馬はいない。3コーナーあたりからソウルスターリングがいつでも仕掛けられる位置に押し上げ、空いたポジションにモズカッチャンが詰める。直線。抜けたソウルスターリングを目がけてモズカッチャンが伸びる。坂の頂上でソウルスターリングが外によれた瞬間、モズカッチャンは一瞬並んだかに見えた。しかしそこからソウルスターリングが加速。後続を完封した。2着にはモズカッチャン。3着は最内を突いたディアドラを強烈な末脚で外から伸びてきたアドマイヤミヤビがハナ差制した。





分析
勝ち時計の2:24.1は、好タイム。2012年ジェンティルドンナの2:23.6には及ばなかったが、この時計が異常なだけで、オークスで2番目の好時計であり、過去に24秒台以下の決着になったのも2度目だ。高速馬場ではあったものの、今年の牝馬レベルはやはり高いのだろう。タイムをさらに強調できるのは、前半1000メートルが1:01.7とスローだったこと。最後の800メートルは1F11秒台の連発で、それを前目で引っ張り完勝したソウルスターリングは強い。上がり3F34.1は2着モズカッチャンと並びメンバー2位タイ。最速の33.9を3、4着馬が出したが、2頭とも後方からで、前に居た馬と0.2差では届かない。5着リスグラシューは状態がかなり悪そうな中、能力の高さを示した。秋の巻き返しに期待したい。なお、このレースで上位に来たソウルスターリング、モズカッチャン、ディアドラは終始最内の経済コースを回ってきていた。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/Oaks.html