スポンサーリンク

ab

2016年3月17日

【早版】フラワーカップ(GIII)追い切り評価-2016年3月21日中山芝1800別定

アオイサンシャイン 54.0 【B】

W3頭併せの中。馬場の真ん中外目で3頭がぴったり並んで直線へ。外の馬は遅れ、追う内の馬に対してじっと手綱を絞ったまま若干遅れて併入。その後も気配良く脚色を保った。馬格があり、牝馬に見えない。

アオイプリンセス 54.0 【B-】

CW併せ。馬場の真ん中あたりでカーブから意欲的に長く追われた。長くクビ差のリードを保っていたが、さすがに最後は疲れたか、差されて併入。全身を使って懸命に駆ける姿を眺めていると応援したくはなるのだが、動きのスピードとパワーは不足している。

ヴィブロス 54.0 【A】

坂路単走。タイムは悪いが前半追われていないためで、後半のパワフルさは目を引いた。前脚と後脚が完全に同一ライン上にあり、大跳びでまっすぐに坂を駆け上がれている。

エテルナミノル 54.0 【C】

CW単走。馬場の外目を深く入り、長めを追われた。しかし前脚の繋と前膝はゆるく、硬さと逆の意味で関節のクッションが効かない。四肢の可動域も及第点レベルにない。

エンジェルフェイス 54.0 【B+】

CW併せ。ラチ一杯を深く入った相手を1馬身後ろから追いかけて直線へ。鞍上は手綱を絞ったまま頭を低く保って抜け出し、1馬身先着した。首の使い方は安定せず、後脚のパワーはものたりないが、それを補ってあまりある前脚の可動域とやわらかさがある。



ギモーヴ 54.0 【B-】

CW3頭併せの内。最後鋭く抜け出し中の馬に先着したが、四肢の可動域は狭い。脚元の回転力はあるのだが、それは可動域の狭さとセットであり、頭も高い。首は上手に使えている。

ゲッカコウ 54.0 【B】

坂路単走。軽い内容でタイムは最悪。さすがにプラス評価はできないが、動きは悪くない。走りに集中している印象で、軸がぶれず、前脚のやわらかさも感じられる。

ゴッドカリビアン 54.0 【B+】

坂路単走。手前を決めきれないところはあるが、脚元はパワフル。適度な荒々しさがあり、首でリズムを刻めているところも良い。好タイムで、最後まで脚を伸ばした。

ペルソナリテ 54.0 【B+】

W単走。尾に余計な力が入っていることを除けば申し分のない内容。四肢の可動域は広く、全身を大きく使った走りができている。ゴールを過ぎても長く脚色を保った。

ラブリーアモン 54.0 【B-】

W3頭併せの内。頭が進行方向より右。後脚の可動域も不足気味。しかし追い切り内容は良く、直線で3頭が馬体を合わせたまま、しっかりとゴールは併入し、その後も同じ脚色を長く保てた。



ラルク 54.0 【B-】

坂路併せ。相手の鞍上が振り返ったところで軽く合図。しかし相手も伸びたため、そこまでの差はつけられず、ハナ差先着にとどまった。そのおかげで負荷はかかったが、馬体を合わせるときに相手の反対の右へぶれるなど、勝負根性に乏しいところはありそう。

ルフォール 54.0 【A】

W3頭併せの中。内外と並んでじっと脚を伸ばし、最後はきれいにアタマ差抜け出した。その後も抜かせることはなく、脚色を保てている。ペースの遅いときは前脚でしっかり掻き込み、ペースが上がれば後脚で前へ進むため、体力を温存できる。この頭の良さも魅力。

参考ステップレースの結果へ

クイーンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/QueenCupR.html

フェアリーS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/FairyStakesR.html


※本記事は、早版です。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/