スポンサーリンク

ab

2016年3月17日

【早版】中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)追い切り評価-2016年3月19日中京芝1400別定

オーシャンビュー 56.0 【C】

坂路併せ。2馬身先着したが、首を上下でなく前後に使う。タイムも悪い。相手に馬体を合わせに行く勝負根性は見られたが、そこで相手の居る右から強烈なステッキを2発。1発は肩でなく首に入ったようで、左側へ跳んだ。首鞭は、よろしくない。

キングハート 56.0 【B】

W単走。馬場の真ん中外目を通って長く追われた。脚元はまだゆるく、パンとしていないが、四肢の可動域は広く、頭を低く保ちながら全身を大きく使った走り方をする。

サイモンゼーレ 56.0 【C】

坂路単走。頭が右に行ったり左に行ったり、安定しない。まっすぐ走れずラチ側へ流れたのもマイナス。

シゲルノコギリザメ 56.0 【B】

坂路単走。まっすぐに駆けた。ただ、右前肢も左前肢も肩から垂直に着地するため、本来はパワフルに見えるはずなのだが、それほどの力強さを感じない。最後、脚が上がりかけたが鞍上が上手に気合いをつけて最後まできちんと走りきったことは評価できる。

シュウジ 57.0 【B】

坂路併せ。前にじゃまな馬がいたため、鞍上が会話をして馬体を並べて植え込み側へ。そこから脚色を同じくして伸び、同入した。終始馬なりの相手に対し、こちらは強いステッキを使っての同入であり、印象は良くないが、好タイムだ。

ショウナンライズ 56.0 【B】

W併せ。相手はアドマイヤモラール(スプリングS)。ラチ一杯を深く入って1馬身前で直線へ。並ばれたががまんして併入した。ゴール後も伸びて抜かせなかった。頭は高いが首の使い方は上手だ。



トウショウドラフタ 57.0 【A】

W単走。太い首をパワフルに使って脚元に回転力を伝えている。飛節のクッションが効き、後脚の繋の返り方も良い。股間の汗は若干気になるが、度外視する。

バシレウスライオン 56.0 【C】

坂路単走。左前肢が体の中心あたりで着地し、右前肢は垂直。動きのバランスが悪く、パワフルさを感じられない。

ブレイブスマッシュ 57.0 【B】

W単走。四肢の可動域はあるのだが、外側より内側へ広いく、追突(前脚と後脚がぶつかること)の可能性はある。筋肉質で馬格もあり、動きはパワフルだが、若干太いか。

ペイシャフェリシタ 54.0 【C】

ポリトラック併せ。相手に馬体を合わせに行くのだが、勝負根性というよりそっと寄り添うように馬体を近づける。伸びず、アタマ差遅れた。

マディディ 56.0 【C】

CW3頭併せの中。直線で内外に先行され、ステッキを一発。しかし脚色は変わらず、内に2馬身、外に1馬身遅れた。

メイショウシャチ 56.0 【B+】

坂路単走。作が斜め気味なので首をかしげているように見え、前半は実際にまっすぐ向いていなかったのだが、後半はしっかり。脚元はやわらかく、リズム良く坂を駆け上がってきた。



メイスンスパート 56.0 【B-】

W併せ。ゴール地点でアタマ差遅れ、その後もずるずる。管も脛も細く、非力な印象。

モンスターキング 56.0 【C】

坂路併せ。体は進行方向より若干右。推進力が前でなく上に向いており、頭は高く前脚の使い方がバタバタしている。

ルグランフリソン 56.0 【B+】

坂路単走。体の安定性は良く、首の使い方は荒々しいが、前膝、繋への連動はある。飛節のクッションも効いている。最後、脚色が鈍ってラチ側へ流れたところだけマイナス。

レッドラウダ 56.0 【B+】

坂路併せ。前脚がどちらも若干内向。シンメトリーではある。相手を全く気にせず、まっすぐに坂を駆け上がっていたが、最後は若干脚色が鈍り、迫られてクビ差先着。首の可動域は広く、パワフルに上下動できている。

参考ステップレースの結果

シンザン記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/ShinzanKinenR.html

朝日杯FS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/AsahiHaiFuturityStakesR.html

※本記事は、早版です。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/