スポンサーリンク

ab

2015年11月28日

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの反省と全着順-2015年11月28日のレース

1着【B:3人気】4番 ドレッドノータス 2:01.3
2着【A:5人気】1番 リスペクトアース 2:01.3
3着【B+:1人気】3番 アドマイヤエイカン 2:01.5
4着【B-:7人気】10番 ジョルジュサンク 2:01.5
5着【B-:4人気】2番 ケルフロイデ 2:01.6
6着【B+:2人気】11番 ロライマ 2:01.7
7着【B:10人気】5番 ウインクルサルーテ 2:01.7
8着【B+:6人気】6番 キャノンストーム 2:01.8
9着【B:9人気】7番 ダンツプリウス 2:02.0
10着【B-:8人気】9番 オンザロックス 2:02.1
11着【C-:11人気】8番 ウインテンダネス 2:02.8
12着【B-:12人気】12番 コパノミライ 2:03.4

A評価1頭、B+評価3頭。5番人気のA評価、リスペクトアースは2着に頑張ったが、わずかにドレッドノータスに指されてしまった。B→A→B+で決まったので、そこまでおかしな評価ではなかったのだが、個人的な馬券は川田騎手のB+評価、キャノンストームが沈んでしまい、取れなかった。



パドックは府中から映像で確認。最も良く見せてくれたのは、リスペクトアースだった。頭を低く保ち、550キロ近い大型馬だが体をすっきり見せるやわらかい動き。追い切りも良く、なぜこの馬が人気にならないのかわけがわからなかった。アドマイヤエイカンは入れ込みが強め。気合いと見ることもできなくはないだろうが、芝2000のレースでは割引が必要と見た。結果は3着。キャノンストームは後脚の可動域が広く、その点は良いのだが、背中の上下動が大きすぎるように感じた。2番目に良かったのはロライマ。毛ヅヤも馬体の張りも良く、動きもスムース。結果は6着だった。

レースは、ロライマが大きく出遅れ。内からすっとリスペクトアースが先頭に立つ。2番手にドレッドノータスがつけた。前半1000メートルは1分1秒7と、この時期の2歳にするとまあまあ。前からでも後ろからでも届くくらいのいいペースだ。3コーナーからアドマイヤエイカンが押し上げ、4コーナー手前で早くもステッキを使い、前を伺いながら直線。粘るリスペクトアースだったが、ドレッドノータスとの叩き合いに敗れた。3着にアドマイヤエイカン。ロライマは上がり3F最速の33.7で6着まで持ってくるのがやっと。4着のジョルジュサンクも上がり3Fは同タイムで、いい伸び脚だった。

勝ち時計の2:01.3は、好タイムだ。過去10年でこれを上回ったのは、2013年のトーセンスターダムがマークした2:00.8のみ。ヴィクトワールピサが2:01.6、エピファネイアが2:03.0だったことを考えると、勝ち馬のドレッドノータス、逃げて粘ったリスペクトアースは今後の活躍が期待できそうだ。ロライマの勝ち馬との着差は0.4で、出遅れさえなければ十分に逆転可能と見ていい。一方、3着アドマイヤエイカンは、休み明けの割引と考えるといいのか、能力に差があると見た方がいいのか難しい。新馬戦で2馬身半差をつけたジョルジュサンクと今回はクビ差にまで縮まっている。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/RadioNikkeiHaiKyotoNisaiStakes.html